PCやスマホが手放せない(写真はイメージ)

写真拡大

【きょうの健康】(Eテレ)2016年12月28日放送
「ネット依存から子どもを守る」

寝る間を惜しんでオンラインゲームに没頭し、私生活に支障をきたす。SNSでの会話が楽しく、スマートフォンを手放せず引きこもり状態に...。こんな「ネット依存」が、今中高生に増えている。

51万8000人もの中高生がネット依存に陥っているとの推計もある。番組では、治療法や、家族がどうサポートしていくかを紹介した。

ゲームの世界にアイデンティティーを感じてしまう

国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長によると、センターに訪れるネット依存患者の7〜8割が学生で、大半が中高生だ。患者の7〜8割はオンラインゲームに、残りの2〜3割がSNS、掲示板、動画サイトに依存しているという。

そもそも、なぜネット依存が起こってしまうのか。

患者が多いオンラインゲーム依存を例にすると、ゲームで得られる快感は、アルコールや薬物で得られるのと匹敵するという研究結果があるほど強い。

さらにオンラインゲームはネットを通じて複数の人が同時に参加し、時間を問わずいつでも誰かがいて会話ができる状態にあるため、どうしても使用時間が長くなってしまう。

ネット依存に陥る人は現実の対人関係が不得意な場合も多い。リアルな世界には居場所が見いだせないが、ゲームではたちまち強くなって有名になり、アイデンティティーを感じられ、なかなか離れられなくなる。

ネット依存の兆候は以下の通り。

(1) 使用時間がかなり長くなった。

(2) 夜中まで続ける。

(3) 朝起きられない。

(4) 他のことに興味を示さない。

(5) 絶えずネットを気にする。

(6) 注意すると激しく怒る。

(7) 使用時間や内容などについて嘘をつく。

(8) ネットにより成績が下がった。

治療対象となる症状は

治療の対象となるのは、ネットの過剰使用に加え、

(1) 食事も摂らずネットに没頭し、低栄養状態になっている。

(2) 座りっぱなしのため体力低下、骨密度低下がみられる。

(3) 朝起きられない、昼夜逆転など、睡眠障害が起こっている。

(4) ネットを取り上げられると暴言や暴力をふるってしまうなど、感情をコントロールできない。

(5) 「課金をしすぎた」といった理由でうつ状態になっている。

など、明確な体や心の問題が生じている場合と、家族関係の悪化や遅刻、不登校、成績不振、退学など、明確な家庭的、社会的問題が生じている場合だ。

国立病院機構久里浜医療センターでの治療法は、まず診察で採血、肺機能、骨密度、体力測定などの身体検査と、ネット依存傾向や精神疾患の有無などを調べる心理検査を行う。

樋口氏「検査の結果を患者に見せるのはとても大事。患者が見て『まずいな』と思い、例えば体力が下がっていたらジムに行ったりウオーキングをしたりする。患者本人が問題を理解し、治療の意欲につながる」

診察の後はカウンセリングや、8泊9日のキャンプなどのデイケアで、依存しているコンテンツをやめたりネットの使用時間を減らしたりして改善につなげる。健康状態や人間関係に著しく問題が生じていれば入院するケースもある。

子どもの依存を未然に防ぐには、家族内でネットに関するルールを作るとよい。

(1) ネットに接続できる機器を買う場合、親の名義で買い、子どもに貸し出していると明確にする。

(2) 22時までにリビングの決められた場所に返す、自分の部屋には持ち込まないなど、機器の使用時間、場所、使用金額を指定する。

(3) ルールは書面に残し、目につく場所に貼る。

(4) 親子で一緒にルールを作る。

(5) 親もルールを守る。