繊細な乙女心を踏みにじる思いやりの欠片もない男性たちによって、恋に涙を流した女の子は大勢いるはず。でも逆に、男泣かせな女子も大勢いるようで…。

コスモポリタン イギリス版では、そんな女子たちに無惨にフラれた男性陣がネット掲示板<Reddit>上にシェアした11のエピソードをピックアップ。

1.メリークリスマス…じゃない!

「クリスマスの朝7時頃に、他に好きな人ができたからと彼女から別れのメールが届いたんだ(ちなみに、しばらく前から二股かけられていたことを後から知った)」(PlanetaryGenocide)

2.急すぎる展開

「2年ほど付き合ってた彼女からある晩メールが届いて、『新しい彼氏ができた』と知らされたよ。想定外の展開でどうすればいいのかわからなかった」(chubbyurma)

3.1枚の置き手紙

「初めて出会ったとき、彼女は妊娠数カ月で、僕はすぐに恋に落ちた。妊娠中はずっと側で支えて、出産にも立ち会った。生まれて来た子は本当に可愛くて、それからもずっと2人を一番近くで支え続けたんだ。

彼女は産後うつに少々苦しんだけど、子どもの存在にも助けられて、一緒に乗り越えることができた。クリスマスの日にもいつもと同様、子どもとプレゼント交換をしたり、遊んだりして楽しいひと時を過ごしてた。なのに翌日出社して、夕方家に戻ってくると、何もかもが消えていて…。

ベビーカーも、おもちゃもすべて。彼女と子どもの形跡は跡形もなくなってた。代わりにカウンターに置き手紙が1枚。『お世話になりました』って」(Siliceously_Sintery)

4.ザ・フェードアウト

「彼女がヨーロッパに留学に行くまで、4年間付き合ってた。最後に話したとき、ドイツに会いに来てと言われて、僕はもちろん行くよと答え、今度話すときに具体的に話を進めようということになったんだ。

でも、その後彼女からは一切音沙汰なし。電話もメールも返信なし。SNSに最近の写真はアップされてるから、元気なのは知ってるんだけどね」(DerigibleJones)

5.「電話は私からするから、して来ないで」

「ちゃんと付き合ってたわけじゃないけど、大学時代1年半ほどちょくちょく会ってた子がいて。彼女から聞く一言一言が楽しみでしょうがなかったんだ。携帯の着信音が鳴るたびに、彼女からなんじゃないかってワクワクして…それほどゾッコンだった。

でも期末テスト期間中、彼女から『勉強に集中したいから、しょっちゅうメールして来ないで』と言われ、その次は『これからは話せそうなときに私から連絡するっていうのはどう?』と。ちょっと酷いな…と思いつつも、確かに勉強の邪魔をしてたかもと思って反省したのに、結局二度と彼女からメールが届くことはなかった」(MaskedSociopath)

6.メール打つのが面倒だったの?

「彼女から届いたボイスメールの内容。『Lover(恋人)からLを取ったらOver(終わり)よ』」(tribecalledjeff)

7.バレンタインデー当日じゃなかっただけマシ?

「バレンタインデー前日にまさかの破局。彼女に『明日花を届けてもらう予約してあるから…』とわざわざ気まずい報告をする羽目に…」(Flutterwander)

※国によって、バレンタインデーは男性から贈り物をする日。

8.痕跡すら残したくないってこと?

「4カ月間付き合った彼女にスナップチャットで別れを告げられたよ。5通のひどい内容のメッセージが、それぞれ3秒で消えていった。終わり」(whyaretheynaked)

9.最悪のミス

「突然メッセージが届いたと思ったら、彼女と知らない男が一緒に写ってる写真が3枚。そのすぐ後に『あっごめん、送信先ミスった』って送られてきた」(sanicbam)

10.悲しみに追い打ちをかける女

「ネット上で出会った女の子と2カ月ほどやりとりをしてたんだ。彼女とは定期的にメールをしてたんだけど、あるとき僕の祖母が亡くなって。その日僕がお葬式に出ているのを知ってたくせに、葬儀後の食事中に『もうあなたとは話したくなくなった』とメールが…」(TheBrandNewDay)

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: 名和友梨香

COSMOPOLITAN UK