カップルが結婚を決めるとなれば、当然お互いのことをよく知ったうえでの決断のはず。なのに…コスモポリタン イギリス版から、こんな驚きのニュースが。

サウジアラビア在住のある新郎は、将来の妻となる女性のSNSへの好奇心の強さを懸念していたそう。そして結婚式当日、新婦がスナップチャットに画像をアップしことに腹を立て、結婚式のたった2時間後に彼女と離婚することを決めたのだとか!

結婚式といえば一般的に、楽しい雰囲気の中、みんなで写真を撮ったりするのが普通。なのにこの新郎は、式や披露宴中にはSNSを一切使用しないという婚前契約を新婦と交わしていたとのこと。

しかしどうしても我慢できなかったのか、結婚式が終わった後、新婦はスナップチャットに式の写真をアップしてしまい…。

新婦の兄がサウジアラビアのオンライン新聞<Okaz>に語ったところによると、「私の妹とそのフィアンセは婚前契約として、スナップチャットやインスタグラム、ツイッターなどのSNSアプリを使って写真をアップしたり送信したりしないことを約束していました」。

続けて兄はこうコメント。「その項目は2人の結婚誓約書の中にも含まれていました。残念ながら妹はその誓約を守れず、女友達に結婚式の写真をシェアしてしまい、その結果新郎は結婚破棄を決断して、離婚を申し出たのです」。

確かに約束を守れなかった新婦も悪いけど、彼女のSNS好きを知ったうえで新郎は結婚を決めたはず。しかも今の時代に、結婚の喜びをSNSでシェアすることすらできないなんて…。

見方によっては、この離婚は彼女にとって幸運だったと言えるかも…?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: 名和友梨香

COSMOPOLITAN UK