食べられる「ドラゴンボール」!? ユニークな“マンガ飯”が東京駅に大集合! 

写真拡大

1月10日(火)〜2月27日(月)の期間、人気マンガ「ドラゴンボールシリーズ」の世界観をモチーフにしたメニューが楽しめるグルメフェア「ドラゴンボールメニュー大集合」が、JR東京駅構内とその周辺の商業施設にて開催する。

同フェアでは「ドラゴンボールシリーズ」の世界観に着想を得たユニークな“マンガ飯”など全16種類が登場するほか、東京駅エリア内の各施設で、「ドラゴンボールシリーズ」にちなんだ装飾やノベルティの配布も行われる。メニューの一部は以下のとおり。

■「ドラゴンボールマカロン」


ドラゴンレーダーのパッケージにドラゴンボールプリントのマカロンの詰め合わせ。

■「カリン様の豆箱入り仙豆」



能登半島・珠洲の二三味(にざみ)さんが栽培する大浜緑大豆の炒り豆を仙豆に見立て、
カリン様の絵を手描きした豆箱に入れたコチラの商品。炒り豆は能登塩と醤油味でシンプルながら癖になる味。

■「元気玉ラーメン」


「巨大などんぶり」に煮卵と白菜がもりだくさんのコチラのラーメンは、名前のとおり、食べると元気が沸いてくる「元気玉ラーメン」。

■「ドラゴンボール with カファレル 7個セット」


カファレルで人気のケーキ「フンゲッティ」がドラゴンボールに。きらびやかな見た目は、まさにドラゴンボール!

■まとめ

ドラゴンボールファンにはたまらない同イベント。本日から来月末まで開催されているので、東京駅の近くにお出掛けの際は立ち寄ってみてはいかが?

(マイナビウーマン編集部)