「なんかオバさんっぽい…」と思われてしまうしぐさ

写真拡大



自分では気づかないうちに、「オバさんオーラ」が出てしまっていたらショックですよね。でもどんなしぐさが、年齢より老けて見られてしまうのでしょうか。そこで今回は「『なんかオバさんっぽい…』と感じてしまう女性のしぐさ」について20代男性にリサーチしてみました。

■1.手や机をバンバン叩く

「笑うときは手をバンバン、脚をバタバタさせながら『ギャハハハ〜』と叫ぶ女子がいる。若いを通り越して、もはやオバさんに見えるよ…。」(21歳/大学生)

「テンションがMAXになると身体を揺らしながら机をバシバシ叩く子がいるんだよね。なんだかオバちゃんっぽくて苦手です…。」(22歳/大学生)

必要以上に大きな音を立てる女性は、オバちゃん認定されやすいよう。男性も「一緒にいるのは恥ずかしい」とあなたを恋愛対象から除外してしまうでしょう。口元に手を当てて笑っている女性のほうが、お上品っぽくてかわいらしさも増しますよね。

■2.きょろきょろとイスを探している

「彼女と電車に乗っていたんだけれど、駅で人が降りるたびにきょろきょろと空いているイスを探していた。その必死さがオバさんくさく思えちゃいました。」(25歳/メーカー勤務)

「自分の前の席が空いたわけじゃないのに、人を押しのけてまで電車のイスをゲットする女子…。本人は満足げだけどずうずうしいオバちゃんにしか見えない…。」(28歳/販売)

学校や仕事の帰り道、疲れていると一刻も早くイスに座りたいと思ってしまいますよね。でも空席を必死に探している姿は、どことなくオバちゃんっぽいかも…。「立っているほうがカロリー消費できる!」くらいに思っているほうが、若々しさをキープできますよ。

■3.男性の身体にベタベタ触る

「元ラグビー部の後輩の身体を『すご〜い!筋肉ムキムキ!』『いいカラダしてるねぇ〜』とか言いながらベタベタ触っていた女性先輩社員がいた。ふと女性芸人がイケメン俳優を取り囲んで触りまくっている姿を思い出してしまいました…。」(27歳/営業)

軽いスキンシップならモテ効果が期待できますが、男性の胸や腕などを過度に触るのはNG。なんの恥じらいもなく男性の身体をベタベタ触っている様子は、女性らしさを通り越して「オバさんっぽい」と思われてしまいますよ。

■4.猫背+がに股で歩く

「後ろ姿が猫背でがに股スタイルの子がいて。一瞬『あれ?なんか老けた?』って思っちゃいました。」(21歳/大学生)

歩きかたや姿勢だけでも人の印象って大きく変わりますよね。背筋をピンっと伸ばして歩いている女性のほうが、どことなく若くて美人オーラが漂っているもの。周囲の人から良い印象を持ってもらうためにも、見た目だけじゃなく自分の歩きかたも意識してみましょう。

■おわりに

自分のことしか考えていないしぐさが、どことなくオバさんっぽさを醸し出してしまう要因なのかも…。これらを意識して、年齢以上に老けて見えちゃう「オバさんオーラ」を消しちゃいましょう!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)