7種の具で食べ応えのある「恵方巻」(1500円)

写真拡大

今年の恵方は「北北西」。穴子や海老、明太子がギュッと詰まった恵方巻で、運気を呼び込もう。

【写真を見る】ホテルオークラ福岡の「オールデイダイニング カメリア」では、1月から3月に「いちご&ベリー」と題したデザートブッフェが開催される

ホテルオークラ福岡の「和食堂 山里」が、節分に向けた「恵方巻」(1500円)の予約を受け付けている。

7種の具で食べ応えのある恵方巻は、毎年売り切れる人気商品。引渡しは、2月2日(木)と2月3日(金)の11時30分から、ホテルオークラ福岡2階の「和食堂 山里」または、1階の「ペストリーブティック」で行われる。

「和食堂 山里」の「恵方巻」は、穴子と明太子、海老、厚焼玉子、胡瓜、干瓢、干し椎茸を巻き込んだ食べ応えある一本。

2017年の恵方である「北北西」に向かって、幸運を願いながら丸かぶりしよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】