9日、台湾の蔡英文総統が、中米歴訪の経由地の米テキサス州ヒューストンで、同州のアボット知事や同州選出のクルーズ上院議員と会談したことに、中国が強く反発している。資料写真。

写真拡大

2017年1月9日、台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統が、中米歴訪の経由地の米テキサス州ヒューストンで、同州のアボット知事や同州選出のクルーズ上院議員と会談したことに、中国が強く反発している。英BBCの中国語ニュースサイトが伝えた。

中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は9日の定例会見で、「台湾地区の指導者が、いわゆる『経由』の機会を利用して米当局者と政治的に接触し、中米関係を妨害・破壊する活動を行うことに断固反対する」と表明。米側に「1つの中国」政策を厳守するよう改めて求めた。

トランプ次期米大統領が昨年12月に蔡氏と電話会談を行ったことが中国の怒りを招き、緊張が続いている。(翻訳・編集/柳川)