氷川きよしが「ドラゴンボール」主題歌 (C)バードスタジオ/集英社・
フジテレビ・東映アニメーション

写真拡大

 演歌歌手の氷川きよしが、フジテレビで放送中のテレビアニメ「ドラゴンボール超」のオープニング主題歌を歌うことがわかった。同作が2017年2月5日の放送回から新章「宇宙サバイバル編」に突入することにあわせ、OP主題歌が氷川の歌う「限界突破×サバイバー」に変更。氷川は同楽曲でアニメソングに初挑戦する。

 同楽曲の作詞は森雪之丞、作曲は岩崎貴文が担当。初のアニソン挑戦となる氷川は、「初めてアニソンに挑戦です! 子どものころから森雪之丞さんの歌詞に励まされて、29年生きてきたのですごく嬉しい気持ちとともに、緊張しながら楽しく歌わせていただきました。雪之丞さんワールド全開なロックなアニソンに仕上がっていますので、ドラゴンボールファンのみなさんをはじめ、多くの方に僕の新しい歌を聞いていただければ嬉しいです。楽しみにしていてください!」と喜びのコメントを寄せている。

 「ドラゴンボール超」は、鳥山明氏のコミック「ドラゴンボール」を原作としたアニメ作品。「宇宙サバイバル編」では、主人公の孫悟空と全宇宙を統べる全王がかつて交わした約束が実現。12の宇宙の破壊神と界王神が総集結し、各宇宙の存亡を賭けた宇宙対抗格闘試合が開催される。