写真提供:マイナビニュース

写真拡大

TIOBE Softwareから2016年のプログラミング言語賞が発表された。2016年は1年間で2.16%の増加を見せたプログラミング言語「Go」がアワードを受賞した。Goに続いて、0.95%増加したDartと0.91%増加したPerlがつけているが、Goはこれらを引き離して競合を得ることなく1位になった。

TIOBE Softwareは、Goが2016年に躍進した理由として、学習の容易さと実用性の高さを挙げている。また、TIOBE Softwareの顧客もGoを採用しており、その動向を示すものだとしている。

第2候補につけたDartは26位から17位へ急上昇。50位周辺ではRustが50位をキープ、Hackが61位から51位へ上昇、Juliaが73位から52位へ上昇している。100位入りした注目すべきプログラミング言語としては、86位に入ったCrystalと87位にランクしたKotlinが挙げられている。

また、業界ではTypeScriptが有名だとしながらも、TIOBE Programming Indexでは137位にとどまっていることを指摘。ただし、TypeScriptは169位から137位へと上昇しており、TIOBE Programming Indexにおいても上昇傾向を見せている。

2017年に躍進が見込まれるプログラミング言語としては、C++、Swift、Julia、TypeScriptが挙げられている。今回プログラミング言語賞を受賞したGoは2009年にもTIOBEのプログラミング言語賞を受賞、2009年の登場以降は低迷傾向が続いていたが、登場から7年を経て確実に普及を続けている。

(後藤大地)