HAGLに加入したベトナム唯一の日本人選手・井手口

写真拡大

 いま、アジアサッカーが熱い。東南アジアや中国、インドなどの新興国でサッカーが爆発的な人気を博してきており、その経済規模も日本サッカーを凌駕するものが出てきている。サッカーのレベルも徐々に日本や韓国などの強豪国に近づいてきており、色んな意味で無視できない存在となってきている。

 ASEAN諸国のなかでもベトナムは経済成長著しく、9000万人を超える人口を持ち、南北に1560キロに渡る広範な国土を持つ。

 サッカーにおいてもASEAN内ではフィリピンやタイと並び上位につけている。先日まで代表チームの監督を日本人が務めていたり、現在もベトナム人有名選手がJリーグクラブに移籍していたりと日本との交流も加速してきている。Jリーグはアジア戦略の一環としてVリーグ(ベトナムリーグ)と提携協定を結んでおり、ガンバ大阪や川崎フロンターレ、水戸ホーリーホック、横浜FCなど複数のJクラブがベトナムとの活動にも力を入れている。

 水戸と横浜FCがベトナム人選手を獲得した以外では、2016年は複数のJクラブがベトナム遠征を実施した1年だった。年初には、HAGLと提携関係にある横浜FCが新シーズンに向けた1次キャンプをベトナムで行っており、シーズン終了後の11月から12月にかけては、アビスパ福岡がベトナム代表と親善試合、湘南ベルマーレが地元プレシーズン大会、横浜FCがU-21国際選手権に出場するために訪越している。

 ベトナムにおけるJクラブの知名度は、AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)に出場するような強豪クラブでない限り、まだまだ低いというのが現状。しかし、こうしたローカル大会に出場して結果を残すことで、Jクラブのレベルの高さを改めて地元のサッカーファンに実感してもらえる。また、Jクラブにとっても、選手に東南アジアという全く異なる環境を経験させることで、精神的なタフさや国際舞台での経験を積ませる場にもなる。

◆Jのベトナム遠征も増えている

 この他、Jクラブの下部組織がベトナム遠征するケースも増えており、2016年はガンバ大阪と川崎フロンターレが訪越して、地元のアカデミーと親善試合を行っている。このうちガンバ大阪は今年、ベトナム屈指の名門アカデミーであるPVF(PROMOTION FUND VIETNAMESE FOOTBALL TALENTS)と提携し、PVFのU-15チームに指導者を派遣。川崎フロンターレは、親会社同士がビンズオン省で都市開発案件を展開している関係で、ベカメックス・ビンズオンFCと下部組織や指導者間の交流を毎年行っている。どちらも継続して下部組織間の交流を続けていく方針で、今後はこうしたアンダー世代での日越サッカー交流を通して様々な化学変化が起きるのではないかと期待されている。

 前述のような活動を通して、日本人選手やJクラブの実力が認められれば、当然、ベトナムプロリーグ(Vリーグ)で日本人選手を獲得してみようという動きにも繋がる。

 ベトナムの1部リーグでは外国人枠が僅かに2枠しかなく、2部以下にいたっては、外国人選手の登録自体が禁止されている。さらに、Vリーグでは大柄のアフリカ系選手が好まれるため、フィジカルで劣る日本人選手にとっては非常に狭き門。そんなベトナムで今年大活躍した日本人選手がいる。元横浜FCの井手口正昭だ。

 井手口正昭は今年、提携関係にある横浜FCから完全移籍でHAGLに加入。弟は、弱冠20歳で日本代表に招集されたガンバ大阪所属の井手口陽介。ポジションも同じボランチだ。当初は、背が低い日本人がベトナムで助っ人として活躍できるのかと疑問視されていたが、豊富な運動量を武器に、瞬く間にチームの中心選手となった。チームは今年も14チーム中12位とパッとしない成績だったが、中盤でハードワークする井手口の存在がなければ、残留できたかどうかも怪しいものだ。