明治創業の老舗銭湯「日の出湯」で音楽フェスやるってよ!! 男湯と女湯の2ステージ制でその名も「ダンス風呂屋」

写真拡大

2017年1月25日の夜19時から23時、東京・稲荷町にある銭湯「日の出湯」が、1日かぎりの音楽フェス会場になるみたい!

イベント名はずばり、「ダンス風呂屋」。そのまんますぎるネーミングがたまらなく良いこちらのイベントは、男湯フロアと女湯フロアの2ステージ制。帰りにはひとっ風呂浴びることもできるようで、2度おいしいイベントみたいです。

【大音量だけど「無音」】

「銭湯で音楽フェスだなんて……近所迷惑にならないの!? 」と胸をザワつかせた方も少なからずいるでしょうが、大丈夫。なぜなら「ダンス風呂屋」はサイレントフェスという形式なのです。

サウンドシステムはワイヤレスヘッドホンなので、無音。にもかかわらず、まるでクラブにいるような高音質大音量で音楽を楽しめるので、心おきなく音の世界に浸れるってなわけなのです。

【これぞ21世紀版の “裸の付き合い” !?】

公衆浴場は、古くは江戸のころから、コミュニケーションの場として親しまれてきました。「ダンス風呂屋」はいわば、そういった文化の進化バージョン。

音楽という楽しみを共有し汗をかいた後は、古代檜の浴そうにお湯をたっぷりとはって、全身ぽっかぽかに。最終的に “裸の付き合い” をすることで、友達も増え、心も体も解放されそうです。

【チケットは即ソールドアウトだったみたい】

しかしこのイベント、かなり人気だったようで、チケットはすでにソールドアウト。残念ながら当日券も出ないそうですが、問い合わせたところ、第2回の開催を検討中とのことなので、次回を期待しましょう! 長い人生の間で、銭湯でクラブ体験できることは、そうそうないですし、定番イベントになるといいですね。

参照元:Peatix、プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る