女子が密かに思う「営業職の男子」のイメージ・6つ

写真拡大

ほとんどの会社に存在する職種と言えば「営業職」。会社によっては花形部署でもあり、実際に仕事ができる男性が配属される部署という印象を持っている人も多そう。今回は、自分自身の身近にもいる営業職の男性にどんなイメージを持っているのか女性たちの意見を聞いてみました。

■話し上手

・「爽やか、話が上手い、盛り上げ上手」(24歳/情報・IT/技術職)

・「トークが上手なイメージ。人を飽きさせない話術を持っていそう」(27歳/食品・飲料/技術職)

営業と言えば話術が命。人を惹きつける話し方ができないと仕事もやっていけませんよね。仕事での話術がプライベートでも生かされると、話していて楽しめる相手にもなってくれそうです。

■精神的に強そう

・「断られても凹まない精神を持っている」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「大変だしストレスに強いガッツのある男性が多いと思う」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

一度や二度断られても諦めない精神的な強さがないと営業職を続けるのは難しそう。どんな相手にもとことんまで食い下がって、自分の話を聞いてもらう。ガッツのある男らしい人というイメージを持っている女性も多いようです。

■仕事が大変そう

・「仕事が忙しく、ノルマがキツイ」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「体を壊さないか心配。ストレスが何よりもかかりそうなので」(36歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

営業職に付きもののノルマを達成するため、いつもストレスを感じている。働くことは職種に関係なく大変なことですが、営業職の男性のようにノルマに追われていると体が持たないと思いながら見ている人も多いでしょうね。

■世渡り上手

・「コミュニケーション能力が高く、人に媚びるのが上手く世渡り上手なイメージ」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「協調性がある。そうでないと相手の懐に入ることができないから」(33歳/生保・損保/専門職)

営業職の男性は、相手の懐に入りこめるコミュニケーション能力の高さがあって、どんな人にかわいがられる世渡り上手。サービスや品物を売るとはいえ、営業が上手くいくかどうかはやはりその人の人間性にかかっていると言えますよね。

■体育会系

・「体育会系。テンションが高い」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「飲み方が豪快」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

飲み会でも豪快にお酒を飲んでいる体育会系の男性をイメージする人もいるようです。確かに、お酒に弱かったとしても取引先の接待などで断り切れず無理にお酒を飲んでいる人も多そうですよね。

■女性を口説いてそう

・「口が上手いのでナンパも上手そう」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「口が上手くて、色んな女性を口説いていそう」(33歳/その他/事務系専門職)

仕事で培った話術を使って女性を口説いている。営業職の男性はナンパの成功率も高そうだと思う女性もいるようです。話をしていて面白くて、人見知りしないタイプの男性なら女性に取り入るのも上手そうですよね。

■まとめ

職場で営業職の人を見て実感しているのか、単なるイメージなのかは分かりませんが、女性の多くは営業職の男性に対して、とにかく話し上手という印象を持っているようです。そうでなければ、商品やサービスをアピールすることもできないし、取引先に気にいってもらうこともできないと考えれば、それは営業職の人の最低限の能力とも言えそう。ちょっと軽いところもありそうですが、話をしていて面白い人が多いのは確かかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数99件(22歳〜36歳の働く女性)