新作の撮影を控える是枝裕和監督

写真拡大

 是枝裕和監督の最新作(タイトル未定)の製作が決定し、1月中旬に北海道でクランクインする。福山雅治と役所広司が初共演を果たす今作は、是枝監督のオリジナル脚本で描く法廷心理劇。新作に法廷ものを選んだ意図、キャスティングについて話を聞いた。

 是枝監督は近年、「奇跡」「そして父になる」「海街diary」「海よりもまだ深く」とホームドラマが続いたこともあり、「違うことにチャレンジしてみようという中で、法廷ものをやってみたい」と画策していたという。開発に際し、約1年前から弁護士や検事への取材を敢行。さらに弁護士陣の協力を仰ぎ、作品の設定通りに弁護側、検察側、裁判官、犯人、証人に分かれて模擬裁判を実施し、そこで出てきたリアルな反応や行動などを脚本に落とし込んでいった。

 エリート弁護士・重盛(福山)は、“負け戦”と覚悟し30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)の弁護を引き受けたが、強盗殺人にいたる動機が希薄なため、接見するたびに確信が揺らいでいく。なぜ殺したのか、本当に三隅が殺したのか……。重盛が絡み合った人間たちの糸をひとつひとつひも解いていくと、それまで見えていた事実が次々と変容していく。

 「人殺しが出てくるような映画を撮ったことがなかった」と話す是枝監督は、「絶対的な悪とか善がないところで物語を作ろうと思っていた。グレーのグラデーションで人間描写をしていくみたいなところを、ホームドラマではやってきたから」と説明する。「法廷ものはどうしたってジャッジがくだる。自分が今まで撮ってきたなかにある世界観と法廷ものというジャンルがどう衝突するのか、そもそも成立するのか、しないのか……みたいなものを探ってみようと。大体は犯人が分かって一件落着なんだろうけど、そうじゃない法廷ものが可能なんだろうか。神の目線、全てを知る人が登場しないっていう法廷ものはあり得るのかなというところからスタートした」。

 法廷ものでは「評決」(1983)が好きだというが、協力を仰ぐ弁護士から現実的なアドバイスを受けたという。「最初に言われたのは、『日本の法廷のシステムでは、どんでん返しはありません』と。だから急に後ろの扉が開いて新しい証言、証人が飛び込んでくるということは、システムとしてありえない。公判をするには、どういう趣旨で誰を呼んでどんな証言をさせるかという公判前整理手続きをやって、検察側も弁護側も手の内を見せてしまう。すると、落としどころが見えちゃうんですよ。だから、そのままやるとドラマになりませんよって。ただ、逆に言うと非常に日本的というか、こんな風にして判決って出ちゃうの? みたいなところを、どう面白がるかですよね」。

 脚本は弁護士に目を通してもらっているそうで、「『こういう言葉づかいはしない』とか、『弁護士という生き物は、こういう思考のプロセスは持たない。ここに疑問は持たないが、ここには絶対にこだわる』って言われるんですよ。それがすごく面白くてね、であるならば書き直そうという気持ちになる」と語る。さらに、「劇映画なのである部分はフィクションにしますが、プロが見た時に『これだと検察官がバカに見える』とならないようディスカッションしながら書くことが、思った以上に面白いからこそ大変ですね。それを半年くらいずっとやっています」。

 また、福山と役所のキャスティングについて「このマッチングは新鮮で面白いなと感じました。本読みの時に、ドキドキしちゃったんですよ。そういうのって大事ですよね。台本を持って読み合っただけなんだけど、その場にいるスタッフの雰囲気もガラッと変わった。みんなも面白がっているというのがわかるんですよ」と目を輝かせる。そして、「福山さんのこれから先の役者人生を考えたときに、このタイミングで役所さんと仕事をするというのは絶対にプラスになると思う。それは、僕自身のキャリアにとっても。それくらい、役所さんというのは大きな存在。役所さんとぶつかった時、福山さんの今まで見えていなかった役者としての扉が開くんじゃないかなと期待しているんです」と思いを明かした。

 タイトル未定の今作は、3月中旬にクランクアップを予定。9月に全国で公開。