撮影の都合で2度白無垢に袖を通した門脇麦 (C)2017「彼らが本気で
編むときは、」製作委員会

写真拡大

 女優の門脇麦が、生田斗真と桐谷健太がダブル主演する映画「彼らが本気で編むときは、」で人生初の白無垢姿を披露していることがわかった。門脇扮する佑香が白無垢姿で歩くシーンを、映画.comが独占で入手。門脇は、「とにかく重かった」と苦笑交じりに振り返っている。

 「かもめ食堂」「めがね」などの荻上直子が監督と脚本を兼ね、トランスジェンダーのリンコ(生田)とパートナーのマキオ(桐谷)、母親に置き去りにされたトモ(柿原りんかちゃん)の共同生活を描く。2017年は「こどもつかい」「世界は今日から君のもの」などの出演作が公開される門脇が、リンコの同僚であり、公私にわたって良き相談相手である佑香を演じている。

 佑香の結婚式シーンは撮影初日に予定されていたが、本番直前に大雨に見舞われ中止に。別日に改めて撮影されており、門脇は白無垢に2尾袖を通した。それだけに「2回も着たので、自分の結婚式はウェディングドレスがいいです(笑)」と語っている。さらに自身の役どころについては、「『女の子っていいな』『恋するっていいな』『誰かと一緒になるっていいな』『人と人との繋がりっていいな』っていうことをリンコさんに感じさせる役だったと思います」と説明し、「本作は育児放棄など様々な社会問題が盛り込まれていますが、どんどん人間関係が希薄になっていく社会で、一緒になるのが困難だからこそ、人間の繋がりの大切さや温かさが描かれるところを見て欲しいです」とアピールしている。

 「彼らが本気で編むときは、」は、ほかミムラ、田中美佐子、小池栄子、りりィさんらが共演。2月25日から公開される。