ライアン・ゴズリングとハリソン・フォード

写真拡大

 巨匠リドリー・スコットが生んだ伝説的SF映画の続編『ブレードランナー2049』から、ハリソン・フォードとライアン・ゴズリングという、“新旧ブレードランナー”を演じる俳優陣を捉えた新ビジュアルが公開。物語のほんの一部分も明らかになった。

 2019年のロサンゼルスを舞台に、過酷な宇宙開拓から逃亡して人間社会に紛れ込んだアンドロイド、レプリカントを追う専門捜査官“ブレードランナー”の一員デッカード(ハリソン)の葛藤を追った前作。続編となる『ブレードランナー2049』では、それから30年が経過した2049年の世界を描き出す。

 今回新たにライアンが演じる男の名は、新人ブレードランナーの“K”という事が判明。本作の物語は、ある大きな危機が迫っている2049年の世界で、Kが30年間行方不明だったデッカードを探す所から幕を開けるという。昨年公開された予告編で描かれた2人が出会うシーンは、映画の冒頭となるようだ。

 2ショット写真でハリソンと堂々肩を並べるライアンだが、撮影現場で初めてハリソンを前にした時はかなり緊張したといい、「ちょうどセットが独特の雰囲気の霧に包まれていた時に、どこからともなくハリソンが現れたんだ。シルエットだけでも間違えようがなかったよ。彼を満足させる物を創り上げられますようにって、心から願った」と明かしている。

 製作総指揮を務めるリドリーに代わって本作のメガホンを取ったのは『プリズナーズ』『ボーダーライン』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。まさに大抜擢をうけた本作の撮影を振り返った監督は、リドリーとハリソンと共に食事に出た際、「デッカードがレプリカントであるべきか、人間であるべきかという論争で、ハリソンとリドリーから集中攻撃を受けたんだ。オリジナルの大ファンとしては、この夕食の席は一生の思い出になったよ」と笑顔。

 この論争をめぐっては、以前リドリーが「デッカードはレプリカントである」と主張したこともあり決着がついたと思われていたが、続編で明確な答えが明かされるのか? ハリソンは「これについては自分自身を喜んで検閲するよ。オリジナル版を撮影していた時から興味深い問題だったし、その時にその答えは得られていないからね。ただ【『2049』は十分に入場料に値する】という事は言えるよ(笑)」と意味深な発言を残している。(編集部・入倉功一)

映画『ブレードランナー2049』は11月公開予定