2016年の興行成績1位に輝いたのは『ファインディング・ドリー』/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

2016年の映画界は続編やフランチャイズ映画の大ヒットで、2年連続となる歴代新記録を樹立。

【写真を見る】12月以降の公開ながら2位に食い込んだ『ローグ・ワン』/写真:SPLASH/アフロ

2016年、北米のチケット売り上げは、約114億ドル(約1兆3200億円)で、昨年の113億ドル(約1兆3000億円)に引き続き、歴代最高記録を更新した。

Box Office Mojoなど複数の情報に基づき、Deadline.comが報じたところによれば、その要因となったのは、続編やフランチャイズ映画の大ヒット。計20作品で約50%の興行成績を占める勢いだった。

特に、2016年の興行成績1位に輝いた『ファインディング・ドリー』(16)、2位の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16)、3位の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(16)とトップ3を独占したディズニーは、他にも5位『ジャングル・ブック』(16)、7位『ズートピア』(16)、10位『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)と大ヒット作を連発。

トップ10のうち6作品を占めると共に、メジャー映画会社で初めての快挙となる30億ドル(約3478億円)を突破し、大きく貢献している。

また、4位は『ペット』(16)、6位は『デッドプール』(16)、8位は『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(16)、9位は『スーサイド・スクワッド』(16)とアニメやアメコミ映画、フランチャイズ作品が独占。2017年も続編作品の公開が続々と控えており、この状況は続くと予想される。【NY在住/JUNKO】