元中央研究院長、収賄で起訴/台湾

写真拡大 (全2枚)

(台北 9日 中央社)士林地検は9日、翁啓恵・元中央研究院長ら2人を賄賂罪で起訴した。これに関連したインサイダー取引に関わった5人も同時に起訴されている。

翁氏は懇意にしていた創薬ベンチャー、台湾浩鼎生技(OBIファーマ)が開発した乳がんのワクチンについて、有効性を強調する発言をしていた。だが、昨年になり同社の大株主だった同氏の娘が株の一部を売却した直後に、臨床試験(治験)の結果で当初想定していた効果がなかったことが公表され株価が下落。同社との不適切な関係を指摘する声が上がり、インサイダー取引関与の疑いがもたれていた。

検察側は、翁氏がOBIファーマの張念慈董事長(会長)から賄賂として同社の株を受け取っていたと認定。私益のために公務員の義務に背いて収賄し、人民の信頼を損ねたなどとした。

これに対し、中央研究院の関係者は「意外だ」としながらも、検察側の決定を尊重するとコメントしている。

(游凱翔、劉世怡、許秩維/編集:齊藤啓介)