くそっ……! 別れて「死ぬほど」後悔した元カノ・5タイプ

写真拡大

恋人を失って初めてその人の存在の大きさや大切さに気がつくと言いますよね。そんな、別れて死ぬほど後悔してしまうような、元カノの特徴について調査してみました。

■すごく美人またはかわいい元カノだった

・「とびっきりの美人。これ以上の人は見たことない」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「やはりかわいくて今になって後悔している」(31歳/機械・精密機器/その他)

外見が飛びぬけて魅力的だったり、すごく好みだった場合などは、別れてから後悔してしまう男性もいるのではないでしょうか? 性格的にちょっと合わないところがあったとしても、我慢していたら……と後悔してしまうのかもしれません。

■さりげない気遣いができる女性だった

・「気遣いややさしさなど、超1級の彼女」(35歳/食品・飲料/営業職)

・「さりげない気遣いができ、そのよさに気づけていなかったことがわかったとき」(36歳/その他/その他)

自分のことを思って、さりげなく気遣ってくれる女性だったことを思い出して後悔してしまう男性もいるよう。付き合っているときはあたりまえだと思っていた気遣いも、別れて初めて気がつく人もいるでしょう。

■自分のことをちゃんと理解してくれていた

・「自分のことをあんなに理解してくれていたのかとわかったとき」(31歳/その他/その他)

・「自分のことをすべてわかってくれていた」(37歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

自分を深く理解してくれている人というのは、めったに出会えるものではありません。付き合っているときは彼女に甘えていて気がつかなかったという男性も、別れて初めて知ることになるのでしょう。

■自分のことを思ってくれていた

・「自分を愛してくれていた。やさしく気遣いがよく、愛されているという感じが伝わってきてた」(29歳/自動車関連/その他)

・「常に自分のことを思っていてくれた彼女」(37歳/食品・飲料/技術職)

付き合っている間は、相手の女性がいかに自分を思っているかということに気がつかないことが多いのかも。別れて初めて、自分をどれだけ愛してくれていたか思い知り、後悔する男性もいるようです。

■相性がとにかくよかった

・「性格や趣味が抜群に合っていた人。あのまま付き合って家庭を持ったらどうなったかと想像することがある」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「ものすごく気が合って一緒にいて楽しかった。とにかくノリがよくて遊びに行くときにどこにでもついてきてくれた」(34歳/商社・卸/営業職)

一緒に過ごしていてぴたりと気が合うなど、相性のよさというのは一緒にいる間にはなかなか気がつけないものです。別れて初めて、相性が抜群によかったのだと実感する男性もいるようですね。

■まとめ

付き合っている間には、恋人のよさや自分との相性のよさなどに気がつきにくいものなのかも。離れて初めて後悔する人も多くいるようですが、なかなか元に戻ることはできないでしょう。男性も女性も、恋人とやっていけないと思ったときは、別れる前に少し距離を置き、本当に手放していい人なのかどうかを考えてから、結論を出したほうがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月20日〜2016年12月21日
調査人数:377人(22〜39歳の社会人男性)