「科捜研の女」レギュラーメンバーも描かれている/(C)テレビ朝日

写真拡大

'99年のスタート時から根強い人気を誇り、現在第16シーズンを放送中の木曜ミステリー「科捜研の女」(テレビ朝日系)。

【写真を見る】100万世帯に配られる寒中見舞いのハガキはこれだ!/(C)テレビ朝日

年始早々の放送となった1月3日の「科捜研の女 正月スペシャル」から、渡部秀演じる橋口呂太が“科捜研”の物理担当として加入し、ますます今後の展開に期待が高まる中、沢口靖子扮(ふん)する京都府警科捜研の法医研究員・榊マリコから、“直筆”の寒中見舞いが関東地方の100万世帯に届けられた。

この寒中見舞いは、'17年初のレギュラー回となる1月12日(木)の放送を前に、番組ファンへの新年のあいさつを兼ね、沢口が“直筆”でつづったもの。1月9日の朝日新聞朝刊に折り込まれる形で配布された。

沢口は、'15年11月に「科捜研の女」の劇中で「科学」の2文字を見事にしたため、“美文字女優”として話題となったが、今回の寒中見舞いでも達筆ぶりを披露。レギュラーメンバーの集合写真と共に、「2017年、新たな仲間も加わった『科捜研の女』を宜しくお願い致します!!」とつづり、番組をPRしている。

また、ハガキには、番組公式HPに設けられた新年特設サイトのURL・QRコードが記載され、そのサイトにアクセスすると、沢口をはじめとする「科捜研の女」レギュラーメンバーの“直筆メッセージ(2017年の抱負)”や、豪華集合写真などのスペシャルコンテンツを楽しむことができる。

このメッセ―ジを見れば、新年最初のレギュラー放送も、より一層楽しめるはず。寒中見舞いが届かなかった人も、これにアクセスすれば、出演者からのメッセージを見ることができる。

なお、1月12日の第9話は、重い持病を患う男性が、神社の階段から転落死した事件の謎を榊マリコ(沢口)たちが追うストーリーを送る。

マリコは遺体の状態に違和感を覚えるものの、医師でもある被害者の妻はなぜか解剖をかたくなに拒否。やむなくマリコは解剖医・風丘早月(若村麻由美)の協力の下、“検視”のみで真実を突き止めようとするのだが…。

男性の死は事故なのか、事件なのか…。そして疑惑の妻の関与はあるのか…、真相の究明に挑むマリコたちの活躍に期待しよう。