女子のなかには、まったく好意も寄せてなかった男子にいきなり告白されることが多いという人もいるはず。その場合、もしかしたらあなたが相手に好意ととれる言動をとって、勘違いさせてしまっているのかもしれません。好きでもない男子にこれをやっちゃうと勘違いされてしまうので要注意です。

相手のコアな部分を褒める

ほかの人がなかなか褒めないようなところを褒められるとドキッとすると同時に「よく見てるんだな〜……」とびっくりする人は多いのではないでしょうか?
ほかの人に褒められないところを褒められると「もしかして好かれてる?」と勘違いもしやすいですよね。男子が勘違いしてしまうかもしれないので、あまりほかの人が褒めないようなところを褒める場合は気をつけたほうがいいかも。

夜にかまってLINEを送る

誰にでもLINEしちゃう寂しがりやの子は要注意です。夜に女子からかわいいスタンプやハートの絵文字の入ったLINEがきたら男子だって勘違いします。LINEのせいで勝手に好意を持たれてしまうこともあるので、夜のかまってLINEはちょっと控えた方がいいかも。勘違いされたくないならかまってLINEは好きな人だけにしましょう。

すごく楽しそうに話を聞く

リアクションのいい人としゃべっているとすごく気分がいいですよね。でもそのリアクションのよさのせいで、勘違いさせちゃっていることもあります。楽しそうにニコニコしながら相づちを打ちながら話を聞くと「あれ? 俺のこと好きなのかな?」と思ってしまう男子もいます。
無反応よりもいいのですが、愛想を振りまきすぎるのもちょっと問題です。過剰に反応するのもほどほどに。

無駄に恋愛系の質問をする

異性に恋愛系の質問をされたら勘違いしてしまう人は多いはず。「彼女いないんですか?」「好みのタイプは?」「土日ってなにしてますか?」など恋愛の詮索するような質問は男子を大いに勘違いさせてしまいます……。
ただ会話の流れで聞いただけでも、相手は淡い期待をしてしまうかもしれません。とくに興味がないのなら必要以上に恋愛の質問はしない方がいいかも。相手の恋愛スイッチ入れてしまう可能性大。

恋人と一緒にいたいイベント日に誘う

バレンタイン、ホワイトデーなど恋人と一緒にいたいイベントの日に誘えば、そりゃ男子だって勘違いしますよ。イベントの日にひとりが嫌だからと、誘えばきてくれそうな男子に連絡する女子もいますが、完全に好意があると思われるので、好意がない男子をイベント日に誘うのは危険。