ユン・ギュンサンからキム・サンジュンまで「逆賊」予告映像第1弾を公開…5人5色の演技に“高まる期待”(動画あり)

写真拡大

“完全に新しいホン・ギルドン”のストーリーで関心を集めているMBC「逆賊」の予告映像が初公開された。

MBCが2017年初めての時代劇として披露するMBCの新月火ドラマ「逆賊:民を盗んだ盗賊」(脚本:ファン・ジニョン、演出:キム・ジンマン、チン・チャンギュ、制作:HUNUSエンターテインメント)(以下、「逆賊」) は、今年上半期の最高の期待作としてホ・ギュンの小説の中の道人ホン・ギルドンではなく、燕山君(ヨンサングン) 時代に実在した歴史的人物のホン・ギルドンの人生にスポットを当てた作品として企画段階から話題になった。

この日、ポータルサイトとテレビを通じて公開された予告映像第1弾では、ホン・ギルドン(ユン・ギュンサン) と、息子に氏宗の運命を譲ろうとしない父アモゲ(キム・サンジュン)、そして暴力の時代を作った王燕山君(キム・ジソク)、妓生の身分から燕山君の後宮である淑容(スギョン、王の後宮に与える称号) 張(チャン) 氏、チャン・ノクスに扮したイ・ハニ、そして弱々しいけど勇ましいキルドンの女性ソン・ガリョン(チェ・スビン) まで、ドラマの主要俳優たちの強烈な姿が写っている。

映像では貧しい身分として生まれたが、財物ではなく民の心を盗む盗賊になるホン・ギルドンの一代記を披露しながら、変わった目線で見つめたホン・ギルドンの人生と愛、そして闘争の歴史を予告しながら関心を集めている。

「逆賊」はドラマ「キルミー・ヒールミー」「スキャンダル:非常に衝撃的で不道徳な事件」を通じて、独特な題材と感覚的な演出力を証明したキム・ジンマンプロデューサーがメガホンを取り、ドラマ「絶頂」「帝王の娘 スベクヒャン」で吸引力のあるストーリーで認められたファン・ジニョン脚本家が執筆し、彼らが披露する相乗効果にさらに関心が高まっている。1月30日から毎週月・火曜日の夜10時に韓国で放送される。