SF9、台湾の人気正月番組を盛り上げる…トップスターと肩を並べた記念ショットを公開

写真拡大 (全3枚)

新人グループSF9が台湾の有名正月特集番組に出演し、現地マスコミの関心を集めた。

SF9は1月7日、台北アリーナで行われた台湾の公営放送TTV(台湾テレビジョン) の正月特集番組「2017 超級巨星紅白藝能大賞 SUPER STAR SONG FESTIVAL」の収録に参加した。

「超級巨星紅白藝能大賞」はアジアのトップレベルの芸能人たちが出演し、毎年最高の視聴率を誇っている台湾の人気正月番組である。

SF9は日本を代表するアーティスト中島美嘉、T.M.Revolutionおよび台湾のトップ歌手であり俳優でもあるケンジ・ウー(吳克群) と肩を並べながら新人としては異例的な出演を果たした。

台湾を初めて訪問したSF9は流暢な中国語で新年の挨拶を伝えて歓呼を浴び、新人らしい初々しい魅力で収録に活気を加えた。さらに、SF9は「Fanfare」「K.O.」などパフォーマンスが際立つステージを披露し、現場の雰囲気を盛り上げた。

また、SF9は収録に先立って台湾主要マスコミのインタビュー要請に応じて記者会見を行った。有力のマスコミたちはSF9の台湾訪問を一斉に報じながら、グローバルルーキーとしての可能性を認めた。

SF9は昨年11月18日に台湾でデビューアルバム「Feeling Sensation」を発売し、本格的な中華圏攻略に乗り出した。SF9が出演する台湾TTV「超級巨星紅白藝能大賞」は1月27日の午後7時に台湾で放送される。

SF9は12月22日にスペシャルデジタルシングル「君と一緒なら」の音源を公開し、精力的な韓国国内活動も続けている。