「愛される女」と「愛されない女」の決定的なちがい・6つ

写真拡大

どうせなら男性から「愛される女」でいたい。特に自分が好きになった人には心からの愛情を注いでもらいたいと思いますよね。では、どうすれば愛される女になれるのでしょうか。今回は「愛される女」と「愛されない女」のちがいについて男性たちに聞いてみました。

■素直さがあるかどうか

・「プライドが高い人は無理。謝れない女もダメだね」(36歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「意地を張ったり自分をよく見せようという気持ちが強い人間」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

自分のプライドを守るために意地を張り続けていると男性から敬遠されそう。一生懸命に努力したり、自分なりにベストを尽くそうとするのはいいけれど、それが頑固さになると愛されない女になってしまうようですね。

■気遣いができるかどうか

・「思いやりと謙虚さを持っている女性は愛される」(38歳/金融・証券/営業職)

・「相手への気遣いができるかできないか」(39歳/情報・IT/営業職)

愛されるためだけでなく人付き合いをするうえでも大事な気遣い。自分の好きな人に対してはもちろん、周囲の人に分け隔てなく接するという気遣いとやさしさがあれば、誰からも愛される人になれそうですね。

■愛嬌があるかどうか

・「愛されるだけの愛嬌があるかないかのちがい」(24歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「愛嬌をふりまいてくる子はかわいらしい」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

見ているだけでホッとできる愛嬌のある人は、周囲の人から嫌われることもなさそう。かわいらしいなと思わせることができれば、大切にもしてもらえるし、この人を傷つけないようにしようとも思ってもらえるはずですよね。

■相手に合わせられるかどうか

・「相手の言うことを理解しようとするかどうか」(33歳/食品・飲料/技術職)

・「相手に合わせることができるかどうか」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

自分の意見を主張するだけでなく、相手の言うことを理解しようと努力するかどうかも愛される女になるためには大事なことのようです。何を言っても反論ばかりでは、男性もウンザリしてしまうことが多いでしょうね。

■笑顔で、一緒にいて楽しいかどうか

・「笑顔があるかないか。笑顔があると好印象だから」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

・「やさしくて一緒にいて楽しいかどうかです」(34歳/機械・精密機器/技術職)

いつも笑顔でいてくれて、一緒にいるだけで楽しい。何か特別なことをするわけではないけれど、そばにいるだけで幸せな気分にしてくれる人なら、たっぷりの愛情を注いでもらえて愛される女になれそうですね。

■人を愛せるかどうか

・「その人自身も誰かを愛しているかどうかだと思う」(34歳/学校・教育関連/専門職)

・「彼氏を心から愛することができるかどうか」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

自分が人を愛することができなければ、人から愛されることもない……。愛情を持って接すれば、相手もその気持ちに応えてくれるはず。人への愛情の大きさが、愛される度合いの目安にもなるということでしょうか。

■まとめ

人に好かれるために無理に自分を変えるというのは難しいかもしれませんが、愛される女になるために必要なことというのは、人と接するうえでの基本的な気遣いとも言えそう。その部分が足りていないと周囲の誰からも好感を持ってもらえなさそうですよね。愛される女性でいるために、まずは素直になるというところから、心がけてみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月8日〜2017年1月6日
調査人数:362人(22歳〜39歳の働く男性)