“飲酒運転”CLAZZIQUAI PROJECT ホラン、罰金刑が確定…70万円の略式起訴処分に

写真拡大

飲酒運転の疑惑を受けているCLAZZIQUAI PROJECTのホラン(本名:チェ・スジン) が、罰金700万ウォン(約70万円) で略式起訴された。

ソウル中央地検刑事5部は本日(9日) 、交通事故処理特例法違反および道路交通法違反の疑惑を受けているホランに対して、先月罰金700万ウォンの略式起訴をしたと明らかにした。

ホランは2016年9月29日の明け方、3車線道路の道沿いに停車していた城東(ソンドン) 区役所の掃除車両にぶつかり、該当車両の運転席に座っていた清掃員を負傷させた。当時、ホランの血中アルコール濃度は0.101%だと測定された。

検察はホランに対して危険な運転をしたとは判断しにくく、被害者と承諾(同意) したという点を考慮して略式起訴した。

先立ってホランは、2004年と2007年に飲酒運転で罰金刑を宣告された前科がある。