まるで生き写しのように自分にそっくりな人が、世の中に3人はいると言われています。

街中で自分と瓜二つの人に出くわした女性が、その様子を海外掲示板で紹介していました。

 


わわっ!

[画像を見る]
本当にそっくり!

他人が見ても姉妹かと思うほどなので、街中でばったり出くわした当人たちが驚くのも無理はないですね。

ちなみに自分そっくりの人が出現したり、生霊に出会ったりする超常現象を、ドイツ語で「ドッペルゲンガー」と呼び、「死の前兆」と信じられきました。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●うーん、どっちがホンモノかがわからない……。

↑「彼女はもうすぐ食べられるんだ。そしてその次に私が食べられちゃうんだ! おーまいがっ」

↑自分なら2人とも食べてもいい。

●もし自分の「ドッペルゲンガー」がどこかにいるのなら、ごめんなさい。

●自分は遺伝子的には幸運だった。自分のドッペルゲンガーはマット・デイモンなんだ。よくサインしてくださいと声を掛けられる。
最初は戸惑っていたけど、最近は適当に合わせている。彼がどんな風にサインをしているのかも検索した。今では多くの偽のサインが出回っている。

↑写真がないなら信じないぞ。

●ちょっと待て。もっといたぞ。
[画像を見る]

↑何この魔術?

↑誰か強い遺伝子を持つ男が世界中で遊んでるんだろ。

●誰か似た人の写真なの? それとも知っている人なの?

↑2人目だよ。

●片方は胸が大きいと思う。

↑だけど、どっちが大きなハートの持ち主なんだろう。


自分に似た人を見てみたいような、会いたくないような、そんな気持ちになるドッペルゲンガーとの出会いでした。

【「街でばったり、私とそっくりな人に出会ったので…2ショット撮影した」驚くほど似ている2人】を全て見る