世界最大の家電見本市と言われているCES2017が米ラスベガスで開催されました。以前のCESではテレビの展示が注目を集めたものでしたが、最近は自動車関連技術の展示が増えていて、家電ショーというより、まるでモーターショーのような雰囲気です。

今年のCES2017で、ホンダは人工知能(AI)を利用した「コンセプトEVコミューター」と、ロボテックス技術を利用した「自立するバイク」を公開して注目を集めています。

1

まず、AI技術を利用した コンセプトEVコミューターは「Honda NeuV(ニューヴィー)」と名づけられています。Honda NeuVの特徴は、世界初公開のAI技術「感情エンジン:HANA(Honda Automated Network Assistant)」を搭載し、自動運転機能を備えていることです。

感情エンジン:HANAは、ソフトバンクグループ傘下のcocoro SB社が開発したAI技術で、cocoro SB社がホンダと共同で機械自らの感情を擬似的に生成する機能を研究開発することによって生まれた技術です。

HANAはドライバーの表情や声の調子からストレス状況を判断して安全運転のサポートを行うほか、ライフスタイルや嗜好を学習して、状況に応じた選択肢の提案を行うこともでき、ドライバーとモビリティの自然なコミュニケーションを実現しています。

またHANAには、所有者が使用しない時間には、所有者の許可を得て、自動運転で移動しライドシェアを行う機能も備えられていて、自動運転技術とAIによって自動車の可能性を拡げることを目指しています。

ホンダのCES2017の展示で注目を集めているのはロボテックス技術を利用した「自立するバイク」です。この自立するバイクには、「Honda Riding Assist」というバイクのバランスを保つ技術が搭載されています。

Honda Riding Assist は、自立型ロボットASIMOの開発で培ったバランス制御技術を二輪車に応用したもので、世界初公開となる技術です。ライダーが乗っていても、乗っていなくてもバイクを自立させることができ、ライダーが少しバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保つことができます。

今回の展示では、自立するバイクということに注目されていますが、Honda Riding Assist が実用化されると、バイクの低速走行時や停止時のふらつきを防止し、取り回しの際の転倒リスクを軽減することもでき、早期の実車搭載が期待されます。

(山内 博・画像:ホンダ)

ホンダ、CES2017で「コンセプトEVコミューター」と「自立するバイク」を公開(http://clicccar.com/2017/01/09/433090/)