8日、「元祖美魔女」と呼ばれるアンジェラ・パンが中国の人気女優ファン・ビンビンと並んだ姿に、ネットユーザーが「怖い」と声を上げている。

写真拡大

2017年1月8日、「元祖美魔女」と呼ばれるアンジェラ・パン(潘迎紫)が中国の人気女優ファン・ビンビン(范冰冰)と並んだ姿に、ネットユーザーが「怖い」と声を上げている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

アンジェラ・パンは1960年代に香港でデビューし、その後は台湾でブレークした女優。特に84年の時代劇ドラマ「神[周鳥]侠侶」が有名で、このドラマは当時の台湾で、視聴率60%を超えるほどの人気だった。今年72歳だが、近年はその若々しさがクローズアップされることが多く、「元祖美魔女」「永遠のお人形」などと紹介されている。

8日、時代劇ドラマ「贏天下」の制作発表会が北京で行われ、主演のファン・ビンビンやアンジェラ・パンら出演者が出席した。ファン・ビンビンによると、「部屋にポスターを貼った唯一の芸能人」がアンジェラ・パンであり、これまで自分の主演ドラマに何度も出演依頼してきたが、うまくいかなかったとのこと。この「贏天下」で、やっと念願をかなえることができたと語っている。

しかしこの制作発表会で、ファン・ビンビンと並んだアンジェラ・パンの姿を見たネットユーザーから、「怖い」との声が上がっている。「違和感がすごい」「地味にしろとは言わないが、ある程度は年齢に合ったファッションや髪型がある」などと、多くのユーザーが違和感を指摘。還暦を過ぎた香港の女優アンジー・チウ(趙雅芝)を例に挙げ、「彼女のような無理をしない美しさこそ憧れだ」といった声もある。(翻訳・編集/Mathilda)