チョンウ&カン・ハヌル出演「再審」緊張感高まるポスターを公開…2人の“ブロマンス”に期待

写真拡大 (全3枚)

俳優チョンウとカン・ハヌルが出演する映画「再審」(監督:キム・テユン) がキャラクターポスターを公開した。

「再審」は目撃者が殺人犯に変わったことで大韓民国を揺さぶった事件、がけっぷちに立たされた弁護士のジュニョンと殺人の濡れ衣を着せられて懲役10年の宣告を受けたヒョヌが真実を明かすために奮闘するストーリーを描いた映画だ。

2017年にも続くブロマンス(男同士の友情) ブームの主役になる「再審」が2人の男の対立と真心が感じられる2種類のキャラクターポスターを公開した。お金も、コネもない弁護士ジュニョン役を演じるチョンウと、目撃者から犯人になったヒョヌ役のカン・ハヌルが披露する阿吽の呼吸をたった2枚のポスターに込めた。2人の男は10年前、殺人事件があった現場に戻って真心を訴える。

ジュニョンは崖っぷちに立たされて気付いた真実を世の中に知らせるため奮闘し、弁護士という職業でひとりの人間を救うことができる事実に気付く。ヒョヌは誰も自身の話を信じてくれない時、自身を信じてくれたたった一人の人であるジュニョンを信じて社会に出る勇気を出すことになる。古いブリーフケースに数年間ずっと着てきたようなスーツを着て、カメラを見つめているジュニョンの姿が、映画では稀に見る人間的な弁護士役の誕生を知らせる。囚人服を着て全てを諦めたかのように見えるヒョヌは、自身を信じてくれるたった一人を待っているような切実な姿を見せている。映画の中の2人は、最初はお互いに疑い対立するが、決定的事件を経験してから2人の距離は縮まる。

キャラクターポスターを公開し、映画のメッセージをもう一度知らせた「再審」は、韓国を揺るがしたタクシー運転手事件を題材にした。映画的想像力を通じて再構成される「再審」はチョンウとカン・ハヌルの最高の熱演と監督の真心のこもった演出、1千万人の観客を動員したヒット作を作ったスタッフらのサポートで完成し、韓国で2月に公開される。