家族とゲーム対戦ができるように、1つのテレビを2分割して遊ぶタイプのゲームがあります。

問題は、対戦相手の画面が見えることで、カンニングのようなズルができてしまうこと。

「子供たちにズルをさせないぞ!」と考えたパパが、ある工夫をしました。

 

These little shits aren't cheating anymore. : gaming

[画像を見る]
なるほど!
上半分を目に入らなくすればいいわけですね。

もちろんパパから見ても、下の子供たちの様子もわからないので、フェアにゲーム対戦できます。

この強引ながらも、すばらしい工夫に対し、海外掲示板には多くの意見が寄せられていました。

●「Halo」の対戦と共に成長した良い思い出が懐かしい。

↑いろんなゲームがあるなかで、この親子が「Halo」で遊んでいるのが良いと思う。

↑全ての「Halo」シリーズゲームの中でも、初代の価値はすばらしいよ、もうすごいマルチプレイヤーゲームだ。

↑自分はゴールデンアイが好きだった。

●コーヒーテーブルよ、安らかに眠れ。

↑安らかに眠れではなく、粉々に割れると思う。

↑それはIKEAのだからだ。大西洋のこちら側にはもっとも優れた小さなテーブルがある。

●ニンテンドーはモニターを覗くのはOKだと言っている。

●公式が覗きをOKとはっきりさせると、ゲームに新しい側面を与えることになる。

●自分と兄は、お互いに相手側の画面の情報を無視するのは不可能だった。どうしても視界に入ってきた。
最終的に避けられないので、お互いにそれは良いことにした。負けることが相手に見られたからだとしても、自分も見られるので言い訳にならないことにした。

↑唯一の論理的な考え方。

●ニンテンドーが好きな理由は、今でも分割スクリーンのゲームをいろいろ用意していること。

●この男はコーヒーテーブルの上に座るとか、IKEAの家具に信頼を抱きすぎ。

●画面を見るのはズルではない。


これはこれで徹底していておもしろそうですね。

いずれにせよ、公平ならゲームは楽しめるということですね。

【パパ「子供たちめ、もうゲーム対戦でズルはさせないぞ」→考え出したのがこの方法】を全て見る