明朝までヒンヤリ  13日からは一段と冷え込む可能性/台湾

写真拡大 (全2枚)

(台北 9日 中央社)中央気象局が9日に発表した15日までの週間予報によると、9日から10日までは北東の季節風の影響で、北部と北東部で肌寒くなる見込み。11日から12日午前までは暖かさがわずかに戻るものの、13日には大陸からの寒気団が南下を始め、各地で再び気温が下がるとみられている。気象専門家の呉徳栄・中央大大気科学学科副教授は、15日夜から16日朝にかけて、台北の気温は12〜13度まで下がり、今季最低気温を更新する可能性があると予想している。

気象局によると、9日の各地の予想最高気温は台北市18度、台中市23度、高雄市26度、宜蘭県19度など。9日夜から10日朝にかけては、台北市で16度、台中市で15度、高雄市で18度、宜蘭県で15度まで気温が下がる見込み。中部や南部では日中と朝晩の気温差が大きくなる。

11、12日の予想最高気温は北部で22〜23度、南部で26〜27度。

気象局気象予報センターの鄭明典主任によれば、13日以降、寒さはしばらく続くという。

(編集:名切千絵)