コメディ/ミュージカル部門で主演男優賞
を受賞したライアン・ゴズリング (C)HFPA

写真拡大

 ハリウッド外国人記者クラブ(HFPA)が主催する第74回ゴールデングローブ賞授賞式が1月8日(現地時間)に開催され、デイミアン・チャゼル監督のミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」が同賞史上初(映画部門)の最多7部門に輝いた。

 最多7部門にノミネートされていた「ラ・ラ・ランド」が、その全部門を受賞する圧倒的な強さを見せた。ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演の本作は、ロサンゼルスを舞台に売れない女優とジャズピアニストの恋をロマンチックな歌とダンスで描いた作品。コメディ/ミュージカル部門の作品賞・主演男優賞・主演女優賞、そして監督賞、脚本賞、主題歌賞、作曲賞の7部門を奪取し、2月のアカデミー賞へ大きな勢いをつけた。

 また、「ラ・ラ・ランド」と並び賞レースで注目されている「ムーンライト」(バリー・ジェンキンス監督)が、ドラマ部門の作品賞を受賞。ドラマ部門主演男優賞は「マンチェスター・バイ・ザ・シー」(ケネス・ロナーガン監督)のケイシー・アフレック、主演女優賞は「エル(原題)」(ポール・バーホーベン監督)の仏女優イザベル・ユペールが受賞した。

 第74回ゴールデングローブ賞映画部門の結果は以下の通り。

▽作品賞(ドラマ)
「ムーンライト」

▽作品賞(コメディ/ミュージカル)
「ラ・ラ・ランド」

▽監督賞
デイミアン・チャゼル「ラ・ラ・ランド」

▽主演男優賞(ドラマ)
ケイシー・アフレック「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

▽主演女優賞(ドラマ)
イザベル・ユペール「エル(原題)」

▽主演男優賞(コメディ/ミュージカル)
ライアン・ゴズリング「ラ・ラ・ランド」

▽主演女優賞(コメディ/ミュージカル)
エマ・ストーン「ラ・ラ・ランド」

▽助演男優賞
アーロン・テイラー=ジョンソン「Nocturnal Animals」

▽助演女優賞
ビオラ・デイビス「Fences」

▽脚本賞
デイミアン・チャゼル「ラ・ラ・ランド」

▽外国語映画賞
「エル(原題)」(フランス)

▽アニメーション映画賞
「ズートピア」

▽主題歌賞
“City of Stars” 「ラ・ラ・ランド」

▽作曲賞
ジャスティン・ハーウィッツ「ラ・ラ・ランド」