「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」ソ・ガンジュン“イノは陰ながら愛する女性を守る、純情な男です”

写真拡大

「星から来たあなた」パク・ヘジンと「ずる賢いバツイチの恋」ソ・ガンジュン(5urprise) が豪華共演したドラマ「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」が、12/2よりレンタルDVDでリリースされた。(セルDVD-SET1&2は好評発売中)

本作は、パク・ヘジン演じる、何事もパーフェクトな人気者だが裏に謎めいた素顔を隠すユ・ジョンと、ソ・ガンジュン演じるやんちゃでピュアな子犬系男子イノという二人のイケメンが、キム・ゴウン演じる不器用な女の子を巡って繰り広げる三角関係を描き、ハラハラ・キュンキュンすること必至のミステリアス・ラブコメディ!

この度、「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」DVDの大好評リリースを記念して、ソ・ガンジュンのインタビューが到着! 本作を選んだ理由や初共演のパク・ヘジン、キム・ゴウンについて、そして日本ファンへのメッセージまで、たっぷりと語ってくれた。

―「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」に出演を決めた理由は?

ソ・ガンジュン:僕と同年代の役だったので、共感できると思ったんです。また大学が舞台なので、撮影中にキャンパスライフも楽しめるかと(笑) 心ときめく内容で、面白そうだなと思いました。

―ペク・イノについて簡単に紹介してください。

ソ・ガンジュン:ペク・イノは一見すると無愛想でワイルドな印象ですが、心が温かくて懐が深い人物です。陰ながら愛する女性を守る、純情な男でもあります。

―イノに共感した部分や似ている面は?

ソ・ガンジュン:実は似ている面はそれほど多くはありません。僕の性格とはかなり違うんです。それで最初は心配しましたが、撮影が始まって、イノとして悪態をついたりしていたら気持ちが良くて。そんな生き方も悪くないかも、と……(笑) 共感した部分はピアノに対する情熱ですね。イノはピアニストになる夢を不慮の事故によって絶たれてしまいますが、また夢を取り戻します。想像すると切なくなりました。もし僕が役者の夢を失って、数年後再び役者の夢を追うとしたらどうだろう、と考えさせられましたね。

―ペク・イノ役を演じるにあたり、何か特訓したり特別な準備をしたりしましたか?

ソ・ガンジュン:物を壊すことです。物を壊した経験が少ないので、家で練習しました(笑) 実際に壊すわけじゃなくて、置物を蹴ってみたりして……。イノの行動を再現してみました。彼は荒っぽい性格なので、頭にくると殴って悪態をついて物を投げつけます。それに慣れるように努めました。

―ピアノの練習は?

ソ・ガンジュン:練習しました。難しい曲は代役に頼みましたが、簡単な曲は事前に練習して実際に弾きました。

―本作の原作は人気ウェブマンガですが、マンガのペク・イノとドラマのペク・イノとの違いは?

ソ・ガンジュン:両方ご覧になった方は違いを感じたはずです。僕自身、ウェブマンガとドラマのイノは違うと感じました。ウェブマンガのイノの方がもっと強烈なキャラクターだと思います。ドラマのイノは心が温かくてさびしがり屋です。

―共演者のパク・ヘジンさん、キム・ゴウンさんに対する第一印象と共演した感想は?

ソ・ガンジュン:2人に初めて会ったのは台本読み合わせの時でした。公式なものではなく、監督に呼ばれて会ったんですが、ヘジンさんはまさに芸能人という感じで、僕より背も高いしカッコよかったですね。堂々として体格も良いんです。芸能人を初めて見たときのように感激しました。ゴウンさんは魅力的に見えました。Tシャツにジーンズ姿で髪を後ろに流しただけなのに、シンプルで素敵でした。

―ドラマの共演者たちとの印象深いエピソードや面白い経験はありましたか?

ソ・ガンジュン:現場が寒くて、共演者同士でお互い気を遣っていましたね。みんな寒くて疲れていて辛いんですけど、先輩方がヒーターを貸してくれたりして、仲良くやっていました。

―イノの姉を演じたイ・ソンギョンさんの印象は?

ソ・ガンジュン:イ・ソンギョンさんはめちゃくちゃ明るくて、周りを笑わせ、幸せにしてくれます。才能豊かで、おしゃべりで雰囲気を盛り上げてくれるんです。共演シーンは楽しかったです。現場のムードメーカーですね。

―イノの印象的なシーンやセリフを教えてください。

ソ・ガンジュン:印象的なシーンはいくつも頭に浮かびますが、特に心に残っているのはソルと連弾するシーンですね。すごく素敵なシーンなんです。印象的なセリフは……イノとユ・ジョンがケンカした後、ソルがユ・ジョンを慰めるのですが、外には傷だらけのイノがいて、立ち去りながら「痛いな 寒いぜ」と漏らします。深い意味がある感じがして、忘れられないセリフです。

―ソルと連弾するシーンでイノの頬が赤くなりますが、放送を観て、どんな感想を?

ソ・ガンジュン:可愛いと思いました(笑) CG処理するとは知らなかったけど、ほっぺたが真っ赤でかわいかった。ファンも喜んでくれたと思います。

―最後にDVDを待つ日本のファンにメッセージを。

ソ・ガンジュン:こんにちは、ペク・イノ役のソ・ガンジュンです。「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」のDVDが発売されます。若い人にも共感してもらえるドラマだと思います。胸がときめくシーンをどうぞお楽しみに! ぜひ観てくださいね。