綾野剛(左)と浅野忠信(右)

写真拡大

綾野剛主演で2015年に公開され、興収13億円の大ヒットを記録した『新宿スワン』の待望の新章『新宿スワンII』。この映画の完成披露プレミアイベントが1月8日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、綾野をはじめ、浅野忠信、伊勢谷友介、金子ノブアキ、上地雄輔、深水元基ら豪華キャスト陣が集結した。

この記事(『新宿スワンII』完成披露プレミア)のその他の写真

この日は成人式の前日ということで、成人式スペシャルイベントという意味合いも。TOHOシネマズ 六本木ヒルズ前のエントランスにはレッドカーペットが敷かれ、“スカウト通り”に姿を変えると、劇中さながらにキャストが来場者へ名刺を手渡しながら、握手やサインに応えるなどファンサービスを実施。

また、綾野から「せっかく2017年になったばかりなので、ご恩返しということで、名刺に☆印が入っていた方、この後の完成披露プレミアにご招待します!」と告げられると、幸運をゲットしたファンからは悲鳴に近い喜びの声が上がった。

その後行われた舞台挨拶では、成人式前日ということで、登壇者それぞれが20歳の頃の写真を、当時のエピソードを交えて公開し大盛り上がり。

次いで、前作に引き続き主人公のスカウトマン・白鳥龍彦を演じた綾野が「ようやくここまでたどり着けました。ここに豪華共演者、監督、山本プロデューサーと立てていることが嬉しいです。幸せいっぱいです。みなさまの力添えよろしくお願いいたします!」と挨拶。

その龍彦と対峙し、横浜を牛耳る最恐の敵・滝マサキ役を演じた浅野は「本日はお越しいただき、ありがとうございます。(綾野演じる)龍彦をボコボコにしちゃう役なので、見終わった後、嫌われないといいなと思います(笑)」と笑いを誘う。

レッドカーペットには間に合わず、舞台挨拶から加わった伊勢谷は「あけましておめでとうございます。この場に立たせていただき嬉しいです。みなさん、この後ぜひ楽しんでください」と語り、金子は「待望の新章、見ていただけること嬉しく思います。今日は前作のレッドカーペットの時と同じスーツ、サングラスで験を担いで来ました」と話した。

また上地も「今日以上に寒い中、キャストみんなで力を合わせて作った作品です。ぜひ楽しんでください!」と呼びかけ、演じたキャラクター説明の際に「みんな大好きな関」と言われた深水は「みんな大好き?(笑)。『?』でも、みんな大好きとなるように、見届けてください」と話していた。

この日のイベントにはほかに、久保田悠来、桐山漣、中野裕太、佐藤祐基、一ノ瀬ワタル、山本又一朗プロデューサー、園子温監督らも登壇した。

『新宿スワンII』は1月21日より全国公開となる。