指紋というものが、他人と偶然に一致する確率は、約500億分の1だと言われている。それ故に指紋認証は高いセキュリティ性を持つ。(画像:いらすとや)

写真拡大

 三井住友フィナンシャルグループ(以下、三井住友)が、この春にも、国内のIT企業やアイルランドの企業と提携し、指紋・声紋・顔などで個人を認証、通販や旅行などの決済への利用を可能とする新企業を立ち上げるという。

 とうとうインターネットの世界において、あの七面倒な「パスワード」から解放されることになるかもしれない。インターネット黎明期から今日に至るまで、「パスワード」というのは本当に厄介者であった。

 まず、利用者にとって、作成するのも把握するのも面倒である。あらゆるWEBサイトのパスワードをすべて同じにしてしまえば楽は楽だが、それではセキュリティ性が激減する。無数にあるインターネット上のサービスそれぞれごとのパスワードを別々に作成したら、今度はそれを暗記するなどは常人のなせる技ではなくなる。

 結果、メモを取ったり、ハードディスク上に記録を残すなどの対処をする羽目になる。そしてそれによって、またセキュリティ性は下がるのである。

 そもそも一般論として、パスワードによる認証という方法論自体、あまり安全性が高いものではないのだという研究報告もある。本当に困ったものなのだ。

 三井住友の作る新会社は、スマートフォン用の専用アプリを作成し、指紋などの生体情報をパスワードの代わりに利用できるようにする。つまり、利用者はまず、事前に自分の顔や、声や、指紋などのデータをスマートフォンに登録しておく。

 そして、買い物などのたびに画面に指で触れたり、直接音声認証で声紋を確認させたり、カメラで顔を確認したり、そういったことで個人認証を済ませることができるようになる。これによって、単にパスワードを覚える手間がなくなるだけでなく、セキュリティ性もより高まることになるというわけだ。

 三井住友は、この新会社に対し50%超の出資を予定しており、サービスの対象をあらゆるネットサービスに広げることを目指しているという。