「プロデュース101」出身カン・シラ、19日にソロデビュー確定…実力派ボーカリストに期待高まる

写真拡大

「プロデュース101」出身のカン・シラがソロ歌手としてデビューする。

所属事務所である青春ミュージックは「カン・シラが19日、デビューアルバムを発表し、音楽界に第一歩を踏み出す。『プロデュース101』以来、長期間待っていてくれたファンの皆さんのために良い音楽を披露する。期待してほしい」と話した。

昨年「プロデュース101」を通じて青春ミュージックの唯一の練習生として顔を知らせたカン・シラは放送終了後、9ヶ月間着実にトレーニングを受け、本格的なデビュー準備に突入した末、デビューの夢を叶えた。

「プロデュース101」出演当時、サイダーのような歌唱力と感性的なボイスで注目を集めただけに、カン・シラのデビュー確定ニュースに、ファンたちの期待が高まっている。

カン・シラは「プロデュース101」シーズン1で、魅力的な音色でボーカルのダークホースとして浮上した。競演曲「同じところで」や「My Best」を通じて安定的な歌唱力により視聴者を感心させた。またボーカルポジション評価で披露した「My Best」では、センターとメインボーカルとしてポテンシャルを発揮し、ボーカリストとしての存在感をアピールした。

その後、22人を選ぶファイナルラウンドまで進出したが、残念ながら最終11人を選ぶラウンドの進出には失敗したカン・シラ。しかし、もう一度会いたい挑戦者として挙げられるほど、実力派の一人として評価されている。

カン・シラは19日、音楽界のデビューを確定した。