VIXX ラビ、新曲「BOMB」カリスマ性溢れるMVを公開…爆発的なサウンド&エネルギーに“注目”

写真拡大

強烈だ。VIXXのラビがさらに強烈になった姿で、パワフルなカリスマ性で新たな魅力をアピールした。VIXXのコンセプトも強い印象を与えるが、今回のソロ曲はそれ以上の強烈さだ。

ラビは9日0時、1stソロアルバム「R.EAL1ZE」を発売した。タイトル曲「BOMB」は、VIXX以上の強烈さを見せる。コンセプトドル(コンセプト+アイドル) と呼ばれるほど、これまで呪い人形、サイボーグなど多彩なコンセプトを披露したが、今回のソロアルバムはVIXXの雰囲気とは異なるラビの音楽の世界を完成させた。

「BOMB」は、まず強烈な雰囲気の曲だ。どっしりとしたラップから来る爆発的なサウンドとエネルギーが印象的だ。エレクトロニックサウンドに中毒的な魅力を添えた。ラビの新たな音楽世界やカリスマ性が表現されているが、強烈なイメージばかりではない。このパワフルなエネルギーにラビだけの魅力を加えた。

特に、この曲はフィーチャリングで参加したSan Eのユーモラスなラップも際立った。ラビとの呼吸が期待以上に魅力的であり、2人が生み出す相乗効果がさらに強烈なエネルギーとなって伝わった。オーケストラをベースにしたトラップサウンドの曲だが、ポテンシャルが爆発したラビの底力が彼の自信と抱負をさらに強くアピールしている。

VIXXとは異なるラッパーラビの自信。実力と魅力で証明した彼だけの音楽的カラーが花を咲かせた、必聴のアルバムだ。