日本語で「オメデトウゴザイマス!」 (C)2017MARVEL

写真拡大

 マーベル・スタジオの新作「ドクター・ストレンジ」に主演するベネディクト・カンバーバッチが日本の新成人に向け祝福のメッセージを寄せた特別映像が、成人の日である1月9日に公開された。

 ハリウッドスターからの異例のメッセージで、カンバーバッチは「今年20歳になる皆さん、オメデトウゴザイマス!」と日本語を交えながら祝福。「人生にはさまざまな挑戦が生まれてくることでしょう。他の年と比べて、大変なこともあるかもしれません。でも、あなた方は必ず乗り越えることでしょう。皆さんのために幸運を祈ります」と、新たなスタートを切る若者たちエールを送った。

 あわせて、魔術師としての一歩を踏み出したばかりのストレンジ(カンバーバッチ)が、兄弟子モルド(キウェテル・イジョフォー)のもとで修行に励む場面も収められており、それまで上から目線だった天才外科医が、魔術という未知の技術を習得するために地道に努力を重ねる様子が紹介される。

 また、カンバーバッチは自身が大人になった瞬間について、「幸運なことに、私自身はストレンジが苦しんだような大きな事故に巻き込まれることもなくこれまで生きてきました」と、演じた役どころと比較。「彼がたどった習熟の軌跡はとても刺激的なものでしたが、それに比べれば私のそれはかわいいものですし、じっくり長い時間をかけて起こったことだと思います」と振り返った。

 映画は、事故で両手の機能を失った天才外科医が、治療法を求め最後にたどり着いた魔術の力を習得するうちに、世界滅亡の危機に巻き込まれていく物語。「アイアンマン」を超え、単独ヒーローを題材にした映画第1作として史上最高の世界興収を記録している。1月27日全国公開。