trend_20170105184520.jpg

写真拡大

融合レストランXEX(ゼックス)の系列店舗計5店では2017年1月11日から3月下旬まで、昼の営業時間に「Strawberry Fair〜ストロベリーブッフェ〜」と題し、イチゴを使ったドルチェブッフェを開催する。ワイズテーブルコーポレーションが2016年12月28日、発表した。

苺ティラミス、苺カンノーリ...

使用されるイチゴの品種は長崎県「さちのか」、佐賀県「さがほのか」、熊本県「とよのか」、愛知県「とちおとめ」、静岡県「紅ほっぺ」、栃木県「とちおとめ」の6種類。季節に合わせ、甘味と酸味のバランスを考えて最良のイチゴを選択するという。

その中でも、XEXの「おすすめ」は「苺のドルチェ」だ。ホームページでは、その魅力を余すところなく紹介している。

【苺ティラミス】

マスカルポーネのムースの中に苺のピューレ、スポンジケーキにエスプレッソではなく、苺のシロップを使用した。濃厚な苺のマスカルポーネクリームと少し酸味の効いたスポンジの層が絶妙にマッチしているという。

【苺カンノーリ】

リコッタチーズをベースとした苺フレーバーのクリームが、パイ生地にたっぷりと詰め込まれている。パイ生地のサクサクとした食感とリコッタチーズの濃いクリームがマッチしているという。

【苺ズッパイングレーゼ】

スポンジケーキには通常、アルケルメスというリキュール入りのシロップを染み込ませるが、代わりに苺のシロップを用いている。中のムースは苺とのバランスを取るため、通常のズッパイングレーゼと変わらずカスタードベースに仕立てた。アルケルメスや酒を苦手とする人にも食べやすくなっているという。

【苺チョコレートファウンテン】

ホワイトチョコレートに苺のフレーバーを加えたチョコレートファウンテン。チョコレートは春を感じさせるピンク色で、見た目も華やか。