今回は、彼氏ウケが抜群な「エッチ前の彼女の言動」について見ていきます。
すごくエッチに積極的な女子じゃなくてもできるテクが満載!(だと思います)
さっそくご紹介しましょう!


1. 「エッチしようよ!」ってストレートに言ってあげる


彼がエッチの前に聞きたいのは、この、ありふれた「エッチしようよ!」という彼女からの言葉だったりします。
たとえば、デートの待ち合わせで彼と会って、街ブラして、ご飯を食べているとき、この「エッチしようよ!」という言葉があれば、彼はすごく喜ぶのです。


その一言に男子が喜ぶ理由は?
男子って常に、彼女をエッチに誘ってもOKかどうか、というのを考えています。つまり「今日、彼女をエッチに誘ったら『カラダ目当て』に思われてしまうかな」なんてことを、男子は不安に思っているわけです。
そういう男子に対して、彼女から「エッチしようよ」と誘うと……彼はおおいに安心するのです。

2.かわいくボディタッチしてあげる


上に説明したとおり、男子は常に「いつなら彼女をエッチに誘ってもいいのか」とか「いつなら彼女にキスしてもいいのか」とか「いつなら彼女のお尻を触ってもいいのか」ということを考えています。
だから、彼女から彼のアソコを触ってあげるとか、彼女から、彼のあごを引き寄せてキスをするとか……そういうことも、彼氏ウケする行為になりうるのです。
恥ずかしくてできないという時はどうすれば?
エッチに奥手な女子であっても、1度こういうことをやれば、2回目からはさらっとできちゃうので不思議です。
まずは1回、勇気を出してやってみることです。

3. どこが感じるのかしっかり伝える


「わたしはクリが超感じます」とか「わたしは右の乳首が感じます」などと、彼に教えてあげることは、「彼氏ウケ」することです。
男子って、絶えず「正解」を探しています。つまり自分が彼女のどこを触ってあげると(舐めてあげると)、彼女はもっとも感じるのか? という正解を知りたいと思っているのです。
男子が、絶対にやりたくないエッチは「彼女にガッカリされるエッチ」です。つまり最低限、エッチで恥をかきたくないと思っているのです。
だから男子たちはいつも「正解」を知りたがっているのです。
コミュニケーションをとれば自然と言い合える仲に♡
これは、彼とエッチなトークになる前に、彼と親密にコミュニケーションをとっておくことで、「感じる場所」を彼に言えるようになったりします。
恥ずかしくてとてもそんなこと言えない……ではなく、「そういうトークが彼とできる状況」をつくることです。

4. 触ってほしい場所に彼の手を導いてあげる



男子が「触っていいのかどうかわからないけど、超触りたい」と思っているのが、女子のパンティの三角形の下のところです。
三角形の上の部分は、エッチが始まったときに触れたりもします。乳首だって、ガンガン触れます。
もちろん女子のアソコだって、エッチが始まってから触ったり舐めたりできるわけですが、でも、パンティの上からソコを触ってみたいというのは、多くの男子が中学生くらいから抱いている、大いなる夢なわけです。
彼の性癖を知ることからはじめよう
中高生のころ、彼が女子に(あるいはエッチに)抱いていた夢が、どういったものなのか? を、彼との会話の中で知っておくといいでしょう。
男子には性癖があります。性癖はさまざまです。が、性癖や好きなエッチのパターンって「原体験」がわりとものを言います。
だから少し世代が上の男子は今でも、コスプレでブルマやスクール水着にこだわるのです。
中高生のころ、好きな女子のブルマの上からお尻を触れなかったとか、好きな女子にスクール水着を着てもらってエッチできなかった、という「できなかったエッチ」が、彼のエロの原動力となっているのです。


いかがでしょうか。
いくつかの男性心理をもとに「彼氏ウケするテク」をご紹介しました。
熱心にネットの無料動画などで「彼氏ウケするフェラの方法」などを見るのもいいことですが、ときには男性心理から「彼氏ウケするエロ」を紐解いてみると、もっともっと彼とラブラブエッチが楽しめるのではないかと思います。
(ひとみしょう)