日本ハムからメジャー挑戦を容認され、今オフにも海を渡る可能性のある大谷翔平(22)。米球界は早くも「年俸30億円の200億円契約」などと大騒ぎだ。3月には試金石ともいえるWBCがあるが、使用球に違和感はないか。メジャーで高騰する一方の評価をどう受け止めているか。行きたい球団はどこか。本人に直撃してみた。

――まずは昨年11月に行われたWBC強化試合のことから。メキシコ代表のエイドリアン・ゴンザレス(34=ドジャースの4番打者)とはどんな話をしたのですか。

「ゴンザレス選手ですか? いや、もう、フツーに話しましたよ。バッティングとか、フツーに話しました。初めて会ったので」

――具体的にはどんな話ですか。打撃技術に関してとか……。

「いや、そんな大した話じゃないです。冗談でバッティングを教えてよと言われたりとか、そんな楽しい会話でしたけど」

――もらったドジャースのバッグの中には何が入っていたのですか。

「帽子とかパーカとか……」

――ドジャースのロゴが入ったもの?

「そうですね。あとはゴンザレス選手のユニホームとか」

――対戦した投手の中でどうにもならないとか、お手上げだと思った選手はいましたか。

「お手上げだなという選手はいませんでした。(オリバー)ペレス選手(35=ナショナルズ、メジャー通算69勝の左腕)とかはいいピッチャーだなと思いましたけど、打席に立つ機会もありましたし」

――WBC球を使って練習しているそうですけど、違和感は?

「そりゃ、いつものボールではないので違和感はあります。けど、そんなに過剰に反応してもしょうがない。この何カ月やったからといって、そんなに変わるものではないですし。それならば気にせず、ボールはボールだと思って投げた方がいいのかなとは思っています」

■「高いレベルでやってみたい」

――以前、カーショウ(28=ドジャースのエース)が憧れだと話してましたけど、憧れのメジャー球団はありますか?

「球団はないですね。日本人選手が行く球団は限られてましたし、選手が行く球団ばかり日本では取り上げられるのでそういう球団ばかり目に付きますけど、特に行きたい球団とかはないですね」

――入札制度は移籍金付きFAのようなもの。希望する球団に行けるわけで、ワールドチャンピオンになれる球団がいいとか、体のことを考えて暖かい場所がいいとか、そういうのはありますか。

「どうなんですかね。まぁ、行くと決めてからじゃないと……なかなかね、そこまで考えられないです」

――契約更改でメジャー挑戦を容認される以前に、球団とメジャー行きについて話をしたことはありますか。

「ないです、ないです。応援はしてくれていますけど、もちろん」

――応援というのは?

「入団した経緯も、僕が行きたいという気持ちも、球団は分かってくれていますし、できる限り応援はしてもらっているのかなと常日頃から感じていたので」

――米メディアは早くも「年俸30億円の200億円契約」などと騒いでいますけど、自分にそれだけの価値はあると思いますか?

「ないでしょうね。あるでしょうねという人はいないと思いますけど。まだ、1球も向こうで投げてないし、打ってるわけでもないし、向こうで一回も成績を出しているわけでもないので。活躍できるかどうかを、だれが分かるのか? という話でしょうし。それは日本のレベルがどうとか、向こうのレベルがどうとかというわけでもない。こっちに来る外国人でも成功する人がいれば失敗する人もいて、それが向こうの成績と比例するものでもありませんから」

――ある程度、自信がある人が海を渡ると思いますけど、大谷選手はどうでしょう? そういった自信が芽生えたときに挑戦したいと思いますか?

「もちろん、やれると思ってみんな行くんじゃないかとは思います。ただ、僕がプロに入ってきたときもそうですけどね、一種の憧れみたいなものもあると思う。やるからには高いレベルでやってみたいなとか、やるからには自分が一番目指してきたところでやってみたいなと。そう思うから行くんじゃないですかね」

(つづく)