メル・ギブソン監督作『ハクソー・リッジ(原題)』
 - (C) Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

写真拡大

 長編映画やテレビドラマの優れた編集をたたえる第67回アメリカ映画編集者協会(ACE)エディ賞のノミネーションが発表された。The Hollywood Reporter などによると、長編映画編集賞(ドラマ)を受賞した映画が、その年のアカデミー賞編集賞も受賞する回数は、この15年間で11回に上るそうだ。

 長編映画編集賞(ドラマ)には、『メッセージ』『ハクソー・リッジ(原題)』『最後の追跡』『マンチェスター・バイ・ザ・シー』『ムーンライト』がノミネート。長編映画編集賞(コメディー)には、『デッドプール』『ヘイル、シーザー!』『ジャングル・ブック』『ラ・ラ・ランド』『ロブスター』がノミネートされている。

 授賞式は1月27日(現地時間)にビバリー・ヒルトン・ホテルで開催される。今年の授賞式では、J・J・エイブラムスが特別賞にあたるACEゴールデン・エディ・フィルムメイカー・オブ・ザ・イヤーを授与されることが決まっている。(澤田理沙)