約3カ月ぶりに復活となる1月9日(月・祝)の「EXD44」出演者たち/(C)テレビ朝日

写真拡大

秋元康が未来のスターディレクターを育成すべく、企画監修を担当する番組「EXD44」(テレビ朝日系)が、約3カ月の“充電期間”を経て1月9日(月・祝)に復活する。

同番組では、テレ朝(=EX)のバラエティー番組の未来を担う若手ディレクター(=D)から、秋元が選抜したメンバー「EXD44」が毎週、映像コンテンツを制作。レギュラー出演者のバカリズム、YOU、スタジオゲストから寸評をもらいつつ、ライバルDたちより一歩も二歩も先を行く企画を生み出そうと切磋琢磨(せっさたくま)してきた。

そんな番組も昨年10月から休止し充電期間に入り、しばらく身を潜めてきたが、このたびいよいよ復活した。

復活第1弾は…近藤大輔Dが「正直、自分の身の危険を感じています」と吐露しながらも、その表情にじんわりと手応えをにじませる新企画『一番ヤバい話が勝ち!ゴシップルーレット』を放送する。

'16年、新聞や週刊誌によるスキャンダルスクープが世間をにぎわせ続けた芸能界。しかし、普段スクープされる側の芸能人こそ、明かすことのできない“芸能界のとっておきの秘密”を知っているはず。

そこで、新たな年を迎えた今回は芸能人自らが芸能界のゴシップネタを暴露することに。ルーレットが止まった人はとっておきのゴシップネタを披露し、一番スゴい暴露をした優勝者には賞金10万円が贈られるという過激な企画だ。

そんなリスクを顧みず果敢に参戦するのは、芸人カラテカ・入江慎也、女優・遠野なぎこ、元Jリーガー・岩本輝雄、マルチタレントのマイケル富岡の4人。

おのおの戦々恐々としながらも、トップバッターとなった入江は、ある出来事がきっかけで超大物女優にガチでブチ切れられ、「アイツを(芸能界から)消せ!」とまで言われた恐怖エピソードを暴露する。

これで一気にエンジンがかかったのか、参戦メンバーから“大物俳優から受けたものすごいセクハラ”や“有名女優のものすごい恋愛遍歴”、“芸能人元夫婦と三角関係にあったエピソード”、“元サッカー選手の激し過ぎる7股事情”など、絶対に明かせない激ヤバゴシップを次々と明かす。

そんな中、遠野から飛び出したあるネタで、入江、岩本、マイケルの3人だけでなく、スタジオで見ていたバカリズムとYOU、そしてゲストの村本大輔(ウーマンラッシュアワー)に衝撃が走る。

それは自身が「かつて、首相を経験した大物政治家に口説かれた」というエピソード。超大物に口説かれた時の生々しい様子を語る遠野だが、優勝の行方は…?

充電を経ていろいろな意味でパワーアップした「EXD44」を見逃すことなかれ。