デートに誘われるには?“誘われ派”がやってる4つのポイント

写真拡大

 彼氏ができたら、たくさん彼とデートしたい。そう思っている女性は多いはずです。でもせっかくのデート。できることなら、誘われてデートに行きたいですよね。

 エルシーラブコスメティック(LC)会員で彼氏のいる女性を対象に、『デートに誘うのは自分から? 彼から?』とアンケートを行ったところ、60.1%の女性が「自分から」と回答。会員の中では、誘われてデートしている女性より、自ら誘ってデートしている女性のほうが多いことがわかりました(コンテンツ提供/ラブリサーチ)。

===============
Q.デートに誘うのは自分から?彼から?

・自分から(62名)
・彼から(41名)

回答時期:2016.09.15〜2016.10.01
総回答数:103名
===============

 誘う派と誘われる派、どういったところに違いがあるのでしょう? そこで今回は、「誘われる派」のみなさんのアンケートコメントを参考に、彼からデートに誘ってもらうための方法を紹介します。

◆自分からはあまり連絡をしない

・連絡を自分から取らない
・ほっておくと、彼から連絡がくる。良い意味で放置かなぁ。
・なにもしていない。彼から連絡がくる

 なかには、こんな男前な意見も! こちらから連絡しなければ、向こうから連絡がくる。これは自然な流れですよね。つまり、あえて連絡をしないというのもひとつの策といえます。しかし、ここで気をつけてほしいのが、この策は、楽しいデートを実現できてはじめて使える策であるということ。デートをしっかり楽しんで、彼からの連絡をとびきり喜んで、誘ってもらえる流れを作っていきましょう。

◆「リードしてくれる男性が好き」と伝える

・リードしてくれる男性が好きと伝えたから。
・デートのときは彼の顔を立てることを心がけています。自由放任に振る舞うよりもお誘い率があがります

 やはり、なにかしてほしいことがあるなら、直接伝えるのが一番です。デートに誘って欲しいと思っているのであれば、直接彼に、「リードしてくれる男性が好き」と伝えてみるのが良いでしょう。そのためには、日頃から彼にリードさせてあげる環境を作るのも大切です。彼を立てて、彼に気持ちよく誘ってもらいましょう。

◆デートは予定通りの時間に切り上げる

・約束の時間がきたらすぐにバイバイする。だらだら一緒にいていいことなんて一つもない
・彼と会ったときは、もっと一緒にいたいという気持ちを押し殺してさらっと帰る

 あまり長居しすぎないよう、工夫している女性も多いようです。「恋愛をうまくいかせるためには、お腹いっぱいにさせないのがコツ」なんて言葉聞いたことありませんか? もっと一緒にいたいと思う気持ちは、次のデートのお誘いにも繋がります。あまりだらだら長居せず、予定の時刻には帰ることを心がけましょう。

◆彼が誘いたいと思うような自分磨き

・自分磨き
・気を引くような女性らしい雰囲気を醸し出し、相手を認めるような器の広さや優しさを見せる。
・いつも笑顔を忘れない。最低限の身だしなみは整える。(たとえすっぴんでも大丈夫なように肌の手入れをする)

 彼が「誘いたい」と思う女性になるためには、それなりの努力も必要です。しかし、自分磨きは日々の積み重ねによって叶うもの。特に今の時期は寒さから肌ケアを疎かにしたり、外出が億劫になったりと、女性らしい魅力を保つのが難しい季節です。

 そんなときは「香り」にこだわって、自分磨きのモチベーションが上がるようなコスメを使ってみましょう。まずは、できることからはじめる。これが自分磨きのポイントです。自らを刺激して「外見も内面も素敵だ」と彼に思ってもらえるような女性を目指してくださいね。

 デートに誘われるために、4つのことを守れば、きっと自然と彼から声がかかるようになるはずです。みなさんもぜひ実践して、彼に誘われる女性を目指してみませんか?

▼ライター:織留有沙さんプロフィール
銀座ホステスとして若き日を過ごした後、美容関連の会社を設立。現在は「会社経営者」と「ライター」2つの顔を持ち、多数の媒体で恋愛コラムを執筆中。医者・競馬の騎手・会社経営者など、多彩な男性遍歴から生み出される持論にも定評がある。

<イラスト/くみハイム コンテンツ提供/ラブリサーチ>
【ラブリサーチ】
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。
★モテ期は作れる?!モテ期の引き寄せ方法と有効活用法
★ 「恋をすると綺麗になる」は本当?恋愛とキレイの関係を徹底調査
★彼との思い出をカタチに!写真に残しておくべき場面3個