フォルクスワーゲンのゴルフ・トゥーランは、兄貴分のシャランと合わせると輸入ミニバンのシェアで過半数を占める人気モデル。

12017年1月6日、ゴルフ・トゥーランに自動運転支援技術である「Traffic Assist」が搭載されました。フォルクスワーゲンのミニバンに同装備が採用されるのは初めてになります。「TSI Highline」、「TSI R-Line」に標準で、「TSI Comfortline」には専用オプションのセーフティパッケージとして追加されます。

パサートにも搭載されている渋滞時追従支援システムの「Traffic Assist」は、起動速度が30km/h以上で、作動速度は0〜60km/h。停止状態から一度30km/hを超えれば設定できます。

ドライバーがあらかじめ設定した先行車との間隔と車速を自動で保ちながら、走行レーンも同時に維持するようサポートする機能で、0〜60km/h内、つまり街中や渋滞時の高速道路などで作動するアダプティブクルーズコントロール(ACC)であり、レーンキープ機能も加わることで半自動運転が可能になります。

さらに、全車速追従式のACCやレーンキープアシストシステム(Lane Assist)により、中・高速度域の車間・車線維持にも対応していますから、全速度域において半自動運転が可能です。作動条件はドライバーが両手でステアリングを握り、ハンドル操作をすること。

以前パサートで試した際には、道路の黄色の線を認識しないことがありましたが、先行車への追従、レーンキープともに高精度で、ドライバーをサポートしてくれました。

TSI Highline(379万9000円)とTSI R-Line(397万4000円)は同装備が追加されても車両価格は据え置きで、TSI Comfortlineのセーフティパッケージの価格も変更ありません。

なお、TSI Comfortlineには「アップグレードパッケージ(TSI Comfortline専用オプション)」に、新たに「クロームパッケージ(サイドウィンドウ)」と「シルバールーフレール」が追加され、エクステリアの質感向上が図られています。アップグレードパッケージの価格は20万円です。

(塚田勝弘)

ゴルフ・トゥーランに渋滞時追従支援システム「Traffic Assist」が搭載(http://clicccar.com/2017/01/09/433348/)