「突然ですが、明日結婚します」(フジテレビ系)の制作発表に登壇した中村アン、山村隆太、西内まりや、沢村一樹、山崎育三郎(左から)

写真拡大

'17年1月23日(月)よりスタートする、“月9”ドラマ「突然ですが、明日結婚します」(フジテレビ系)の制作発表が行われ、西内まりや、山村隆太、山崎育三郎、中村アン、沢村一樹が登壇した。

【写真を見る】西内まりやが今作の主題歌を担当することも発表。「躍動感のある楽曲にしたいなと思い、初のダンスミュージックにチャレンジしました」とアピール

本作は“専業主婦になりたい女”あすか(西内)と、“絶対に結婚したくない男”名波(山村)が出会い、全く結婚に関する価値観が合わないながらも、次第に強く引かれ合っていくラブストーリー。

本作で俳優デビューとなる山村は、役者として初めて演技をすることについて「バンドでは味わえない、役柄として違う人生を体験できるというのが役者ならではの醍醐味(だいごみ)。精いっぱい、名波竜という役を演じたい」と意気込む。

さらに「でも初めてだからと言って原作のファンの方や共演者の皆さんの顔に泥を塗ることはできないし、恥をかいてでも皆さんにいろいろ聞いていきたいです」と語った。

また、“人気イケメンアナウンサー”という役どころに関しては「僕は普段はカミカミで、以前ちょっと演技をしたこともあるんですけど“大根”と言われて、ファンからは“カミカミ大根”と呼ばれてて(笑)」と、控えめに明かした。

名波の先輩で、アナウンス室長・三上を演じる沢村は「横にいるときの佇まいに雰囲気がある。持ち前の雰囲気を生かしていけば今回の役はピッタリだなと、横顔を見て感じました」と、山村の演技に太鼓判を押した。

そんな沢村は、自身の役作りについて聞かれ「月9なんで“ラブコメ”じゃないですか? 100均で風船を買って、膨らませた風船に『中村アン』って書いてキスシーンの練習してました。何があるか分からないから」と冗談を飛ばし、中村は「どういうことですか(笑)」と困惑していた。

クランクインでは、西内とのキスシーンから撮影が始まったという山村は「1週間前からブレスケアしか食べてませんでした(笑)」と話す一方、西内は「(キスシーンの)撮影が終わってほっとしてから思い出したんですけど、前の日に気合い入れようと思って焼き肉食べに行っちゃってて…」と明かす。

山村は「しかも『お昼は何を食べたの?』って聞いたら『カツカレー』って言われて、キスシーンの前に…」と暴露。

「気合い入れるために食べたのに、まさかカツカレーがNGだと思わなくて」と話す西内に、山村は「いやNGでしょ?」とすかさずツッコむ。一連の会話を聞いていた中村も「焼き肉臭はしてましたか?」と山村に聞き、「多少は…(笑)」と山村が冗談で言うと、西内は「カットカット!(笑)」と遮った。

続けて山村は「今回、フジテレビの向坂(樹興)アナにマンツーマンで教えていただきました。新人アナが実際に使う教本を使って練習している」と、役作りについて明かした。

既に10時間以上研修しているといい、会見では早口言葉を披露。練習の甲斐もあってか「バスガス爆発」などの早口言葉を無事成功させた山村は「めっちゃいけた!」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

先輩アナウンサー役の沢村も触発されたのか「僕もやっといた方がいいですか?」と早口言葉に挑戦。しかし沢村は「バストが爆発、バストが爆発…」と得意の“下ネタ”を披露し、会場の報道陣を笑わせた。

そして西内は「今回このドラマは登場人物それぞれの主義主張が入り乱れながら、先の展開が読めないラブコメになっています。山村さん演じる名波に夢中になっていただいて、楽しんでもらえたらと思います」と語った。

そんな西内は今作でドラマ主題歌を担当することも発表され、「躍動感のある楽曲にしたいなと思い、カラフルで展開のあるドラマに合わせた初のダンスミュージックにチャレンジしました」と、こちらをアピールすることも忘れていなかった。