女子プロゴルフ・国内女子ツアーで2年連続賞金女王に輝いたイ・ボミ(28)が、早くも2017年シーズンへ向けて動き出した。
 「12月8日、契約する本間ゴルフの酒田工場(山形)で、クラブの調整をしました。来季も“ヤル気満々”です」(ゴルフ関係者)

 その前日の7日、同社主催の祝勝会では“御輿”に乗って登場。
 「“初体験”に、とてもビックリしていましたが、うれしそうでもありました。また、担ぎ手の男性社員たちもデレデレで、つくづく“男に人気のある女子プロゴルファー”だなぁと思いましたね」(スポーツ紙デスク)

 先日、都内で開かれた高級時計ブランド『ウブロ』主催のチャリティーイベントでは、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手と共に参加した。
 「この日、彼女は黒の短パンに白いハイソックス姿だったのですが、そのムッチリ太ももに田中が“スゲェッ!!”と感動していました。あの健康的なエロさが、男たちを“フル勃起”させるんでしょう」(写真誌カメラマン)

 『スマイルキャンディー』の愛称でも親しまれているイ・ボミは、1988年8月21日、韓国・水原市出身の28歳。
 「電気工事技師の父と食堂勤務の母との間に生まれました。4人姉妹の次女で、ゴルフをしているのは彼女だけだそうです」(ゴルフライター)

 幼い頃からスポーツ大好き少女で、とりわけ、韓国の国技であるテコンドーに熱中していたという。
 「勝ち気な彼女にはピッタリでした。でも、親に内緒でスクールに通っていたところ、月謝が払えなくなってバレてしまったのです」(ゴルフ番組関係者)

 「女なのになんでテコンドーなんだ。どうせならゴルフでもやりなさい」
 という父親のすすめでゴルフクラブを握ったのは、12歳の頃。
 「当時、韓国女子プロゴルフ界の第一人者、パク・セリに憧れていました。今、韓国は“大統領問題”で揺れていますが、その頃は“経済不況”で失業者が増え、国全体が暗かったんです」(スポーツ紙記者)

 練習場へは車で1時間。早朝から、父親の運転で通い始めたという。
 「もっとも、家庭は決して裕福ではなく、コースでの実戦経験も限られていたので、古タイヤや砂を入れた軍用のバックを叩いて、インパクトの加減を学んでいたそうです」(前出・ゴルフライター)

 高校では“1日1000球以上”というハードな練習に励み、その後、'07年に韓国のプロテストに合格。'10年には、早くも韓国ツアーの賞金女王に輝いた。
 「それまでの女子プロスポーツ選手といえば、本業は強くても、ビジュアル的にはイマイチというのがほとんどでしたが、彼女は見てくれもよかったので人気の方も抜群。いくつかのファンクラブがありますが、それまで韓国では、こんなことはありませんでした」(前出・ゴルフ関係者)

 そして、翌'11年から日本ツアーに参戦。毎年、賞金女王レースに食い込んできた。
 「'14年9月に亡くなったお父さんは、生前“賞金女王になれ”と、ずっと言ってました。その約束を2年連続で果たしたのですから、大したものです」(前出・スポーツ紙記者)

 もちろん、こんなに強くて美しい“孝行娘”を、日本人ファンも放って置くはずはなかった。
 「本人公認のファンクラブがあって、会員数は3000人を超えているというから驚きです」(前出・ゴルフライター)

 日本になじもうとする姿勢も人気の秘訣だ。
 「常に日本語の辞書を持ち歩いています。九州地方の大会で優勝した折には、“博多弁”でスピーチしたこともありました」(トーナメントスタッフ)

 日本食も大好物。
 「うなぎ、お好み焼、天ぷら、納豆、お寿司が大好きで、わさびも平気。というより、わさびがないと美味しくないという食通ぶり。試合後のサインなどのファンサービスもバッチリ。人気が出るのも当然です」(芸能ライター・小松立志氏)