株初心者が「儲かる会社」を見極める2つのポイント! 成長する会社かどうかは「会社独自の強み」と、 さらなる「売上拡大余地」の有無をチェック!

株をはじめるなら、これから大きく株価が値上がりする「よい会社」に投資したいものです。では、「よい会社」とはどんな会社でしょう? 今までの業績がよい会社はもちろん「よい会社」だろうけれど、投資家としてはそんな企業の「これから」の業績が気になるところ。どうすれば、これからも業績が伸びるかどうか、わかるのでしょうか。

現在発売中の雑誌『めちゃくちゃ売れてる雑誌ザイが作った 今年こそお金持ち入門』では、「永久保存版 ゼロから始める株入門」を掲載! 今回はそのなかから、株初心者必見の「これから大きく値上がりする株を見極める2つのポイント」を紹介します!

【目次】ゼロから始める株入門
【第1回】「株式投資」って何ですか?
【第2回】「儲かる株」の探し方
【第3回】「儲かる株」を見極める方法
【第4回】「株主優待」と「配当」の基本ルール
【第5回】割安かを知る指標「PER」をサクッと学ぶ
【第6回】「株価チャート」の見方
【第7回】「証券会社」の選び方&「口座開設」のしかた
【第8回】損を小さくする「株の買い方」「株の売り方」
■【第9回】「ネット証券での口座開設」までの流れ
■【第10回】注文画面で株を買う方法
■【第11回】「板情報」の見方
■【第12回】「株で儲ける」3つの方法
■【第13回】株式投資でやってはいけないこと
■【第14回】「配当利回り」って何ですか?
■【第15回】「配当金」の受け取り方
■【第16回】「会社の業績」の見方
■【第17回】「危ない銘柄」を見抜く方法
<<【株入門・第2回】儲かる株の探し方【株入門・第4回】株主優待・配当で得する方法>>

今までの業績推移も
よい会社か見極めるのに役立つ

 これから大きく値上がりする株を見つけるための最大のポイントは、将来性、つまり「今後も業績が伸びるか」を見極めること。

 そして、「今後も業績が伸びるか」を考えるには、まずこれまでの業績推移を見ることが大切。過去の業績はあくまでも過去のものだけど、これまできちんと業績を伸ばしてきた会社とそうでない会社を比べると、一般的には前者の方が能力もやる気も高く、今後も業績を伸ばす可能性が高いのではと考えられるからです。

 しかし、業績の拡大トレンドが終わり、低迷期に入ってしまうケースもあります。投資家としては、業績拡大が今後も続くのかどうか、過去の業績をチェックするだけでなく、さらに踏み込んで考えていく必要があります。

会社の将来性を見極める「2つのポイント」とは?

 業績拡大が続くかどうかは、

(1)会社の強みを保てるか、
(2)売上拡大余地がまだあるか、

 という2点がポイント。

 会社の強みとは、他社がマネしづらく、その分野に参入しづらい要因のこと。

 売上拡大余地とは、売上を伸ばす余地や、出店余地がどのくらいあるかということです。

(1)売上拡大余地は大きいか
 ・潜在的需要が大きそうか?
 ・将来も需要が衰えないか?
  (一時的ブームの場合、株価上昇も短期で終わる可能性あり)
 ・チェーン店が全国展開に成功したかどうかの店舗数のメドは1000店舗ほど

(2)「強み」は何か
 ・マネされにくい?
 ・他社が新規参入しづらい?
 ・価格競争に巻き込まれにくい?

【株式投資のはじめ方 第2回】に引き続き「ハブ(銘柄コード3030)」を例に考えてみましょう。

【※関連記事はこちら!】
⇒株初心者が覚えておきたい「儲かる株」の探し方は? 株価100倍!?に成長するお宝銘柄を見分けるカギは「営業利益」と「経常利益」にあった!

「ハブ」の強みは、英国風パブという業態をいち早く日本に持ち込んで、その運営ノウハウをどこよりも蓄積していることと、「英国風パブといえばHUB」というブランド力を築いてきたことでしょう。

 しかし、他社がまったくマネできないかというと、飲食店の運営能力のある会社なら、ある程度マネすることは可能かもしれません。そこで、「会社の強み」は絶対的とまではいえないかも……と考えられそうです。できれば絶対的ともいえる強みがあるといいのですが……。

 一方、売上拡大余地は大きく残されているようです。まだ日本には英国風パブは多くないですし、「ハブ」自身の店舗数は96(16年10月時点)しかありません。全国展開に成功したチェーン店は1000店舗を超えるというケースが多いので、「ハブ」もうまく全国展開をはかれれば、拡大余地はかなり大きいといえます。

 以上のように、「ハブ」は強みという点では、絶対的とはいえないものの、運営ノウハウの蓄積やブランド力があり、なにより売上拡大余地が大きく残されているので、総合的に考えると将来性に期待できるのではないか、という風に想定することもできそうです。

見込み違いや変化もあるので
常にチェックを怠らないこと!

 もちろん、これはあくまでも一つの想定にすぎません。想定は間違いである可能性もあるし、状況が変わる可能性もあります。

 売上拡大余地は確かに大きいと思われても、それを現実的に業績拡大に結び付けられるかどうかは、運営ノウハウやブランド力などの優位性が維持できるかにかかってきます。これについては業績数字をチェックするだけでなく、自分自身でお店へ行ってみたりして利用者の目で店の魅力や集客状況を時々チェックするといいでしょう。利用者として店の魅力を感じられて、集客も衰えておらず、好業績をキープできていて、この会社の将来性に確信が持ち続けられるなら、株の保有を続ければいいし、強みが崩れてきたなと感じたら、株を売るという判断をするといいでしょう。

 この「ハブ」以外に、以下ではコインパーキングの「パーク24(4666)」とペット保険の「アニコムホールディングス(8715)」についても、成長シナリオを検討してみました。これらはもちろん、1つの見方にすぎないので、違うシナリオも想定できます。成長シナリオの立て方の例として参考に、自分が投資を検討している会社についても考えてみましょう!

【パーク24(4666)の場合】

●強み(1):コインパーキング「タイムズ」で圧倒的なシェア

●強み(2):その圧倒的な拠点数を生かして、カーシェアリングビジネスも展開し、この分野でも拠点数が2位の10倍程度と圧倒的

●売上拡大の余地:
都市部ではまだ駐車場不足の状況で、コインパーキングの拡大余地は大きそう。

同社は15年から17年にかけて駐車可能台数を47万台→60万台に拡大する予定。また、カーシェアリングの本格普及はこれから。

【アニコムホールディングス(8715)の場合】

●強み(1):ペット保険のパイオニアでシェア6割と圧倒的な地位を築いている

●強み(2):全国の6割程度の動物病院と提携して健康保険のように窓口会計で自己負担分だけ支払えば済むという手軽なシステムを完成

●強み(3):主要販売ルートであるペットショップの6割程度を専属の販売代理店にしている

●売上拡大の余地:
日本でペット保険の普及率はまだ数パーセント。ペット保険先進国である英国では、ペットの犬や猫の保険加入率は4割程度もあり、日本も英国並みになるなら市場規模は数倍になる可能性あり。

 そのほか、すでに投資を検討している会社がある人は、現在発売中の書籍『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』を参考にしながら、ぜひ自分でその企業の成長シナリオを考えてみよう!

【関連記事はこちら!】
■今すぐ株を買いたい人必見!たった1日で口座開設できるネット証券はここだ!
■2017年に大化けが期待できる好業績な20銘柄を公開

<<【株入門・第2回】儲かる株の探し方【株入門・第4回】株主優待・配当で得する方法>>
【目次】ゼロから始める株入門
【第1回】「株式投資」って何ですか?
【第2回】「儲かる株」の探し方
【第3回】「儲かる株」を見極める方法
【第4回】「株主優待」と「配当」の基本ルール
【第5回】割安かを知る指標「PER」をサクッと学ぶ
【第6回】「株価チャート」の見方
【第7回】「証券会社」の選び方&「口座開設」のしかた
【第8回】損を小さくする「株の買い方」「株の売り方」
■【第9回】「ネット証券での口座開設」までの流れ
■【第10回】注文画面で株を買う方法
■【第11回】「板情報」の見方
■【第12回】「株で儲ける」3つの方法
■【第13回】株式投資でやってはいけないこと
■【第14回】「配当利回り」って何ですか?
■【第15回】「配当金」の受け取り方
■【第16回】「会社の業績」の見方
■【第17回】「危ない銘柄」を見抜く方法

 株式投資を本格的に勉強したい株初心者には、書籍『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』がおすすめ! 全国の書店やアマゾン、楽天ブックスなどのネット書店でも送料無料で好評発売中。

◆『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版』
 ⇒Amazonでの購入はこちら!(送料無料)
 ⇒楽天ブックスでの購入はこちら!(送料無料)