2017年避けたい、貧乏になるNGアクション 節約を意識しすぎるのは要注意!

写真拡大

 2017年こそ、心も懐も豊かになりたい……そう考えて計画を立てている人も多いでしょう。しかし考え方や行動を一歩間違うと、たちまち貧乏に陥ってしまう可能性があるのです。今回は、2017年に行うと貧乏体質になるNGアクションを4つご紹介。以下の行動にくれぐれも注意して、金運アップを目指しましょう!

■「貯めなきゃ!」「節約しなきゃ!」と意識し過ぎる
 2017年は、眉間にしわを寄せて貯蓄や節約に励むとかえって効率がよくありません。過程を楽しみながら、どちらかといえば、ゆるい気持ちで行うほうがいい成果を得られる年です。頑張ろうと気張ってしまうと、ますます金運は離れていってしまいます。ダイエットを兼ねて、お菓子やケーキを買って食べたつもりで「つもり貯金」をする、1日に使うお金の額を決めて、それ以上は財布に入れないなど、気負いせずに続けられる方法を見つけましょう。

■「お金がないから……」とネガティブになる
 お金に余裕がないときは、心の余裕もなくなってしまうもの。だからといって、何もできないと後ろ向きに考えるのはよくありません。特に2017年は、「なんとかなる!」と信じていれば、その通りになんとかなってしまうような運気があるのです。無料の施設など、お金を払わなくても楽しめる場所に行く、節約のために自炊をして料理の腕を上げるなど、常にポジティブ思考で行動することが大切になります。

■小銭をないがしろにする
 1円や5円などの細かいお金は、普段からつい邪魔に扱ってしまいがち。ですが、2017年はいけません。お札も小銭も同じ大事なお金だと認識することで、徐々に金運がアップしてきます。財布の中の小銭がいつもたくさんたまってしまう人は、小ぶりの小銭入れに移し、入らない分を貯金しましょう。手元にどのくらいの小銭があるかチェックをしておけば、お金の管理もしやすくなるはずです。

■何にお金を使っているか把握していない
 2017年は、何にどうお金を使っているかを把握していないと、どんどん金運がなくなっていきます。特に、毎日何気なく購入している飲み物やお菓子、100円ショップでのまとめ買いなどには注意が必要です。また、クレジットカードの引き落としやスマホの契約内容も見直し、無駄を省いて必要なものにだけお金をかけましょう。そうすれば収支にメリハリが生まれ、いつの間にかお金がなくなっている……ということがなくなります。

 これらのアクションを避け、2017年の運気に沿った行動を意識することで、いい金運の流れを保つことができます。ちょっとしたことが今後の金運を大きく左右する場合もあるので、ぜひ実践してみてください。
(芦田イングリット)