7日、昨年は激ヤセが話題になった人気若手女優のジェン・シュアンが、2カ月ぶりに姿を見せたことで、ファンをほっとさせている。写真はジェン・シュアン。

写真拡大

2017年1月7日、昨年は激ヤセが話題になった人気若手女優のジェン・シュアン(鄭爽)が、2カ月ぶりに姿を見せたことで、ファンをほっとさせている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

中国の「若手4大女優」の一人に数えられるジェン・シュアンは、中国版「花より男子」のヒロイン役で注目された人気女優だが、「どんどん痩せてきた」と話題になったのは15年末のこと。そして昨年は、姿を見せるたびにその薄っぺらい体や、「竹ざお」と言われるほど細い足が注目の的となった。主演ドラマ「夏至未至」がクランクアップしたのちは、とうとう人々の前から姿を消してしまい、すでに2カ月たっていた。

そのジェン・シュアンがこのほど、上海で姿を現したことがネット上で話題だ。新しいスマホアプリを立ち上げるため、上海のIT企業で会議に参加する様子を隠し撮りされたもの。相変わらず痩せてはいるが、写真のジェン・シュアンは明るい笑顔を見せており、ファンをほっとさせている。

ジェン・シュアンの激ヤセについては、摂食障害やうつ病を疑う声が多い。また、このように心身が追い詰められた原因として、「噴子」と呼ばれる悪辣な言葉で攻撃してくるネット民の存在や、そういった人々からの心無い書き込みなどが挙げられている。(翻訳・編集/Mathilda)