キム・ジンギョン「『私たち結婚しました』出演をきっかけに性格が変わった」

写真拡大 (全3枚)

モデルのキム・ジンギョンにとって2016年は意味深い1年だった。MBCバラエティ番組「私たち結婚しました」への出演を通じて、天真爛漫で可愛い魅力をアピールし、視聴者から注目を浴びた。20歳になったばかりのキム・ジンギョンはハツラツとして爽やかな魅力をアピールした。

OnStyleのモデルオーディション番組「挑戦スーパーモデル・コリア」を通じてモデルとして華やかなデビューを果たしたが、キム・ジンギョンのバラエティ番組へのレギュラー出演は「私たち結婚しました」が初めてだった。新鮮だという反応と懸念の声がある中で、キム・ジンギョンは20代前半という歳にふさわしい爽やかな魅力を見せ、「私たち結婚しました」から降板した。

キム・ジンギョンは最近OSEN社屋で行われたインタビューで、「私たち結婚しました」の中で本物のカップルのようだったという評価に対して「私は新人だったから。すべてにおいて新しい姿だったんだと思う。どう振る舞おうか予想がつくものがなかったので、演技というよりはありのままの本心が見えたんじゃないかと思う」と答えた。

キム・ジンギョンは1997年生まれだが、2012年「挑戦スーパーモデル・コリア3」でデビューしたため、未成年の時から活動を始めた。キム・ジンギョンは「最初仕事を始めた時は本当に面白くて新しいと思った。今でも面白いし楽しんではいるけど、見えるものがすべてではないとつくづく思う」と話した。

キム・ジンギョンは「マイ・リトル・テレビジョン」と「私たち結婚しました」に対する良くない反応に対しても率直に打ち明けた。

「『マイ・リトル・テレビジョン』もそうだし、私が出演して作ったすべての結果に対して反応が良いというわけにはいかない。世の中には様々な人々がいて、その方々の気持ちを尊重するのが正しいと思う。自分の性格自体、辛いことがあっても、良いことがあってもすぐに忘れるほうだ。基本的にポジティブなので、この仕事に向いていると思う」

様々な評価があったが、「私たち結婚しました」はキム・ジンギョンにとって大切な番組だった。優しく純朴で純粋な夫のMADTOWNのジョタに出会うことができ、また、多くの視聴者に会う機会が与えられた。

「『私たち結婚しました』を通じて無くしたものはない。私が今後何かをすることになったときの土台になった。モデルキム・ジンギョンという偏見を忘れさせてくれたと思う。『私たち結婚しました』をしながら積極的な性格に変わった。元々は人の前では消極的で恥ずかしがり屋だった」

20歳になったキム・ジンギョンは夢も希望も多かった。旅行バラエティを通じてキム・ジンギョンという魅力をもっと披露したいし、料理する姿も見せたかった。それだけではなく、役者としても挨拶するという抱負を伝えた。

「モデルとして活動しながら役者としても活動したい。文を書くとか、料理をしながら、様々な新たな挑戦もしてみたい。『私たち結婚しました』で名前を知らせることができたので、2017年には様々な番組で私の姿を披露したい」